music mania ちばちゃん

7月9日(土)は23時より「第810回」の放送、7月10日(日)の14時からは「第806回」の再放送! おかげさまで15周年を迎えました。書き込みヨロシク!

第567回ON AIRリスト(①2017年9月2日放送 ②2017年12月3日放送)

 さて、今週から番組も12年目に突入です。自分でも「よく続けているなあ」と思います(笑)。飽きっぽい性格では無いのですが、ここまで続けているのはやっぱり“音楽が好き”だからなのでしょうね。この11年、時には「若い人向けの選曲をしようか・・・」と思った事もありましたが、「若い人はラジオはそんなに聴かないだろう」と判断し(少し寂しいですが・・・)、最近は「自分と同世代向け」をターゲットにした選曲をしているような気がします。懐かしいと思ってくれたら幸いです。ま、偶然にも聴いていた若者がちょっと古い音楽に興味を持ってもらえたら、なお嬉しいですがね。

 今月は「第5土曜」があるのを忘れていて、昨日、hyperの選曲を急いで行いました(笑)。これも“同年代向け”の特集となっております。

 ということで、

第567回放送の('17年9月2日・'17年12月3日)ON AIRリスト

★ HM/HR GUIDE for BIGINNERS
 1. BON JOVI / LIVIN' ON A PRAYER ('86年発表 3rd「SLIPPERY WHEN WET」)
 2. HIBRIA / REBORN FROM THE ASHES ('08年発表 2nd「THE SKULL COLLECTORS」)
★ VISUAL ROCK LEGENDS
 3. D'ERLANGER / Vanilla ('17年発表 8th「J'aime La Vie」)
★ BAND BOOM MEUSEUM
 4. BLANKEY JET CITY / 僕の心を取り戻すために(NEW VERSION) ('95年発表 BEST「THE SIX」)
★ MINI SPECIAL of THIS WEEK
 5. 原田知世 / 雨のプラネタリウム ('86年発表 9th SINGLE)
 6. 原田知世 / 空に抱かれながら ('86年発表 10th SINGLE)
★ MY FAVORITE SONG
 7. 杏里 / LOVE LETTERS ('90年発表 14th「MIND CRUISIN'」)
★ JAPANESE HARD&HEAVY
 8. ANTHEM / FAR AWAY ('17年発表 17th「ENGRAVED」)

 今回の“目玉”は、 BON JOVI LIVIN' ON A PRAYER 。個人的には永遠の名曲!

1. BON JOVI / LIVIN' ON A PRAYER
 この番組が始まったのが9月という事もあって、毎年9月になると「初心に帰ろう!」という選曲になります(笑)。そんな訳でBON JOVIです。僕が初めて聴いた“洋楽ハードロック”が高1の頃に聴いたBON JOVIの3rdです。当時は何か大人になった気分で聴いていましたね。この3rdからプロデューサーにブルース・フェアバーンを起用し、楽曲制作にデズモンド・チャイルドを起用します。この3rdの大ヒットで彼等は一躍ビッグネームの仲間入りを果たしました。今聴いても捨て曲無し、80年代のハードロックを代表する作品で、結果的に全世界で2800万枚のセールスを記録しました。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903055524.jpg

 
2. HIBRIA / REBORN FROM THE ASHES
 04年に突如現れたブラジルのメロディックパワーメタルバンドですね。と言っても私がきちんと聴いたのは11年の3rd発売時なのですが(笑)。前も話しましたが、04年に私がスルーしたのは多分“ジャケットが余りにもB級でダサかったから”だと思います。ま、この2ndもかなりダサいのですが。しかし、内容は素晴らしい! パワフルなハイトーンボーカル、テクニカルなツインギター、動きまくるベース、キレのあるドラムプレイ、どれも最高です。個人的にはプリーストやメイデンなどの正統派ブリティッシュメタルの影響を受けているところがお気に入りです。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903055335.jpg

 
3. D'ERLANGER / Vanilla
 「初心に帰って」ということでもう1曲チョイスしたのがD'ERLANGERの楽曲です。忘れもしない高3の春、当時、オリコンインディーズチャート1位になった彼等の1stを友人に頼んで札幌のショップで購入してもらったのが彼等との出会い。もちろん、音など聴いた事も無く、雑誌のアーティスト写真と紹介文だけで購入を決めました。振り返るとコレがV系との遭遇だったと思います。ネットなんか無い時代でしたから、こういう買い方をしている人は結構いたハズだと思っていたのですが、今になって当時の友人に聞くと「そんなのお前だけだって」と言われました(笑)。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903055630.jpg

 
4. BLANKEY JET CITY / 僕の心を取り戻すために(NEW VERSION)
 恐らくイカ天」出身で最も成功を収めたと言えるバンドはこのブランキーではないでしょうか。今日紹介した楽曲、オリジナルバージョンは1stに収録されているのですが、1stのプロデューサーと音楽的な不一致があり、メンバーが「サウンドに納得していなかった」と語っていたこともあり、BEST発表時に1stからの楽曲はリテイクされました。今日はそのリテイクバージョンを紹介してみました。功罪いろいろ言われる「いか天」という番組でしたが、このBLANKEY JET CITYというバンドを世に送り出してくれたことに感謝です。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903055943.jpg

 
5. 原田知世 / 雨のプラネタリウム
6. 原田知世 / 空に抱かれながら
 今週は「原田知世特集」です。僕が小6の時、初めて“ファン”になったのが彼女です。最初は同じクラスの友人がファンだったのですが、ルックスを見て一発で自分もファンになっちゃいました。そんな彼女、86年になると後藤次利さんが楽曲プロデュースに関わります。ファンの間では後藤プロデュース時代の2年弱は「ご乱心の時代」とも言われています。楽曲が若干“歌謡ロック”方向にシフトします。今日はそんな時期のシングル2曲を聴いてもらいましたが、個人的には結構好きな路線でした。当時の彼女、歌唱力はお世辞にもあるとは言いませんが、クールな歌いっぷりがイイと思います。彼女の違った一面が味わえる楽曲かなと思います。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903055813.jpg

 
7. 杏里 / LOVE LETTERS
 この当時の杏里さん、セールス的には全盛期だったような気がします。夏になれば必ず新作が発表になり、それが大ヒットというような感じでした。僕と同世代の女性は結構多くの人が彼女のアルバムを聴いていたような気がします。実は私、当時の彼女の作品はほとんど聴いていませんでした。僕は当時から「全作品コンプリート」ということを実践していたものだから彼女の作品については「集めるには作品が多すぎるなあ」ということで断念。ということで後年に発表されたベストアルバムしか所有していません(笑)。この年齢になって「集めてみようかな」という欲求が湧いています。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903054703.jpg

 
8. ANTHEM / FAR AWAY
 今年発表になった新作からの1曲です。悪くはない。けれど、素晴らしいかと言われれば素直に素晴らしいとは言えないアルバムかな。個人的には「ガツン」と来なかった。メロディアスな部分を前に出し過ぎたような感じです。今作は清水さんの楽曲を半数程採用したり、外部の作詞家を登用したり、「新たなチャレンジ」を試みていますが、正直、イマイチだったかな。「森川さんの新ユニット」として聴けば良い作品だとは思うけど、ANTHEMとして聴くと物足りなかったアルバムでした。次作は「ハードでガツンとくる」作品を期待したいですね。柴田さんなら出来るハズ! https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903054947.jpg

 
 来週は「MANOWAR」が登場します! 「music mania」終了後は引き続き、Midnight Liveです。

Midnight Live Vol.182 ON AIRリスト

HANOI ROCKS / ALL THOSE WASTED YEARS… ('84年発表)

 本日の放送時間は1時間09分。 深夜ですが、頑張って聴いて下さると嬉しいです(笑)!

以上!

「JCBAインターネットサイマルラジオ」で番組が楽しめます!  
アドレス  http://www.jcbasimul.com/

放送局はエフエムもえる】(北海道)
「music mania」は毎週土曜日23時~24時、
引き続き24時から「Midnight Live」をお送りしております!(第5土曜日のみ22時~24時)

※「music mania」のみ再放送。毎週日曜日14時30分以降に放送開始(変動します)