music mania ちばちゃん

12月10日(土)は23時より「第832回」の放送、12月11日(日)の14時からは「第828回」の再放送! おかげさまで16周年を迎えました。書き込みヨロシク!

第553回ON AIRリスト(①2017年5月27日放送 ②2017年8月27日放送)

 さて、今日、明日と派遣元のマチでイベントがあり“イベントスタッフ”として仕事であります。昨年までは「主管課」として、今年は「一職員」として関わります。やっぱ、気持ち的には今年の方が楽であります。ただ、役割分担は昨年と同じ(笑)。重宝されているのか何なのか。今日はかなりの悪天候で結構濡れてしまいました。明日は雨が降らなければいいのですが。

 ということで、今週は“休み”無しです。来週も仕事が詰まっていそうなので、しばらく無休で頑張りたいなと。

 先日、小泉今日子のベストアルバム「コイズミクロニクル」をゲット。“シングル”ということに徹底的に拘った作品で、両A面、12インチ、配信のみ、別名義、とシングルと名の付くものをコンプリートした作品です。そうだよ、こういうのを待っていましたよ。

 ということで、

第553回放送の('17年5月27日・'17年8月27日)ON AIRリスト

★ HM/HR GUIDE for BIGINNERS
 1. PATHFINDER / PATHWAY TO THE MOON ('10年発表 1st「BEYOND THE SPACE, BEYOND THE TIME」)
 2. STEEL PANTHER / GOIN' IN THE BACKDOOR ('17年発表 4th「LOWER THE BAR」)
★ VISUAL ROCK LEGENDS
 3. VINYL / 真夜中の庭に ('97年発表 1st「Go To VINYL」)
★ BAND BOOM MEUSEUM
 4. JACO:NECO / WILD WOMAN ('89年発表 1st「JACO:NECO」)
★ MINI SPECIAL of THIS WEEK
 5. BLONDIE / CALL ME ('80年発表 SINGLE)
 6. OLIVIA NEWTON-JOHN / PHYSICAL ('82年発表 SINGLE)
★ MY FAVORITE SONG
 7. 吉岡秀隆 / 不良 ('96年発表 2nd「つづく」)
★ JAPANESE HARD&HEAVY
 8. DREAMSTORIA / ANOTHER WAY ('12年発表 1st「DREAMSTORIA」)

 今回の“目玉”は、 STEEL PANTHER GOIN' IN THE BACKDOOR 。やっぱ、このノリは好き!

1. PATHFINDER / PATHWAY TO THE MOON
 東欧ポーランドのバンドです。音を簡単に表現すると「ラプソディー+ドラフォ」という感じですかね。大仰なシンフォニックアレンジ、疾走感のあるパワーメタルサウンド、そこそこパワフルなボーカルということで充分に及第点に達していると思います。サウンドプロダクションが“B級”なのが気になりますがね。個人的には「東欧にもこういう音を出すバンドが存在したんだ」という驚きがありました。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903055659.jpg

 
2. STEEL PANTHER / GOIN' IN THE BACKDOOR
 個人的にはこのサウンドは大好きですね。僕みたいな80年代メタルが大好きなオッサンにはドンピシャな音ではないでしょうか。彼等は元々「80年代メタルをカバーするトリビュートバンド」として活動していました。噂が噂を呼び、ライブには有名ミュージシャンも訪れるくらいでした。80年代メタルへのオマージュを感じさせる素晴らしいサウンドなのですが、歌詞は非常に下品、というのがこのバンドの特徴です(笑)。英語が判る人の前では決して大音量で聴けないと思います。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903055943.jpg

 
3. VINYL / 真夜中の庭に
 このユニットはストロベリーフィールズのボーカル、福井さんと元黒夢のギタリスト、臣さんのユニットです。以前、2人が在籍していたバンドの音とはかなり違い「ポップでキャッチーな音」が特徴です。正直、最初に聴いた時は驚きました(笑)。リズム隊で参加しているミュージシャンもシーンでは名の知れた方々だったので、演奏的には素晴らしいものがありました。このポップさが原因なのか、それ程の支持を得ることなくアルバム1枚、シングル3枚を残し解散。聴いているととても元気になるような楽曲が満載で個人的には好きだったのですが。恐らく、ファンが“この2人”に求めていたのは“違う音楽”だったのかな。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903054901.jpg

 
4. JACO:NECO / WILD WOMAN
 このバンドも89年頃の「ガールズバンドブーム」の時にデビューしたバンドです。以前も話しましたが、この時期、プリプリやSHOW-YAの成功でガールズバンドが大量にメジャーデビューを果たしました。このバンドの音源、実は一度売ってしまったのですが、最近、妙に聴きたくなり中古で再ゲットしました。当時は「余りキャッチーじゃないな・・・」なんて思ったのですが、今になって聴くと「これは渋くてカッコイイ」と思えます。やっぱり、耳が肥えると違って聞こえるモノですね。スリーピースでこの音を出しているのが素晴らしいです。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903055057.jpg

 
5. BLONDIE / CALL ME
6. OLIVIA NEWTON-JOHN / PHYSICAL
 「80’s POPS特集」、8週目。1曲目「CALL ME」は80年4月19日から6週連続でビルボード1位を獲得し、結果的にこの年の年間1位に輝いた楽曲です。僕が小3の頃の曲ですが、記憶には残っていますね。2曲目「PHYSICAL」は82年1月18日から9週連続でオリコン洋楽チャート1位を獲得した楽曲です。全米においても82年の年間チャート1位を獲得した楽曲です。70年代から清楚なイメージと歌声で絶大な支持を得ていた彼女がイメージを一新したことにより世界中で話題をさらった楽曲です。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903055229.jpg

 
7. 吉岡秀隆 / 不良
 尾崎豊さんと親交があり、彼を尊敬してやまなかった吉岡さん、曲づくりにおいても尾崎さんの影響が伺えます。僕は“尾崎豊世代”のど真ん中の人なので、この手の路線は大好きです。彼はこれまでに3枚のアルバムを発表していますが、どの作品も「俳優がちょっと余興で作ってみました」という作品ではなく、“シンガーソングライター”として心を込めて作った、という作品ばかりです。俳優としては“繊細な演技”が特徴ですが、シンガーとしても“繊細な声”であります。この線の細さが楽曲に味を添えていますね。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903054703.jpg

 
8. DREAMSTORIA / ANOTHER WAY
 インディーズメタルシーンでは名の知られたリオウ・フィガロが結成したユニットです。ギタリストには作曲家としても活動している綿貫正顕を迎えています。僕は今年発表になった2ndで初めて存在を知ったのですが、かなり気に入りましたね。FAIR WARNINGのようなウェッティーで叙情的なメロディアスハードが好きな人には気に入られるのではないでしょうか。FAIR WARNINGにだけではなく、曲によってはROYAL HUNTなどを思わすところもあり「欧州メロディアスハードのイイとこ取り」のようなサウンドです。個人的には綿貫さんのギタープレイの超高音フレージングが本家FAIR WARNINGのようで気持ち良かったですね。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903054316.jpg

 
 来週は「Fuki Commune」が登場します! 「music mania」終了後は引き続き、Midnight Liveです。

Midnight Live Vol.168 ON AIRリスト

L'Arc-en-Ciel / L'Arc-en-Ciel LIVE 2015 L'ArCASINO ('17年発表)

 本日の放送時間は1時間54分。 深夜ですが、頑張って聴いて下さると嬉しいです(笑)!

以上!

「JCBAインターネットサイマルラジオ」で番組が楽しめます!  
アドレス  http://www.jcbasimul.com/

放送局はエフエムもえる】(北海道)
「music mania」は毎週土曜日23時~24時、
引き続き24時から「Midnight Live」をお送りしております!(第5土曜日のみ22時~24時)

※「music mania」のみ再放送。毎週日曜日14時30分以降に放送開始(変動します)