music mania ちばちゃん

5月25日(土)は21時からは「第904回」の放送! 5月28日(火)の18時からは「第902回」の再放送! '23.9月から18年目に突入しました! 書き込みヨロシク!

第882回ON AIRリスト(①2023年12月23日放送 ②2024年1月9日放送)

 さて、今週はここ留萌がニュースで取り上げられることが多かったですね。そう、“大雪”で。17日の夜から次の日にかけて「観測史上最高」というような大雪が降りました。短時間でドカ雪が降ると除雪が追い付かず交通がマヒします。18日は大雪に加え、暴風雪ということもあって、車の運転ができる状態ではなく、職場に連絡を入れ欠勤しました。その日はカミさんも欠勤、息子の高校も臨時休校。家族3人でゆっくり過ごせれば良いのですが(笑)、朝から3人で「雪かき」です。結局、休憩をはさみながらでしたが1日中「雪かき」をしていましたね。体中が痛くなりました。今週は長時間の雪かきに追われました。朝4時から2時間半、仕事から帰宅して2時間半の雪かき、といった毎日でした。本日も早朝から雪かきでした。ただ、土曜ということで仕事が休みなので、“時間を気にせず”作業ができました。平日ではできなかった個所もガッツリできました。努力の甲斐もあって、現在我が家の前はかなりキレイに除雪が完了しております。この状態をキープしたいのでドカ雪は勘弁願いたい。

 雪かきをしていると“鼻水”が出ます。一応、玄関内にティッシュを置いているのですが、鼻水が出るたびに玄関に戻るのが面倒なので、両方の鼻にティッシュを詰めて雪かきをしております(笑)。かなりカッコ悪いのですが鼻水を気にせずに作業ができるのが最高です。ただ、近所の人に見られるとちょっと恥ずかしいですが(笑)。
 
 ということで、

第882回放送の(’23年12月23日・’24年1月9日)ON AIRリスト

HM/HR GUIDE for BIGINNERS

1. ROYAL HUNT / STAY DOWN ('95年発表 3rd「MOVING TARGET」)
2. PRETTY MAIDS / SIN-DECADE ('92発表 4th「SIN-DECADE」)

★ VISUAL ROCK LEGENDS

3. hide / OBLAAT ('93年発表 1st「HIDE YOUR FACE」)

★ BAND BOOM MEUSEUM

4. PERSONZ / PARADE ('85年発表 Mini「Romantic Revolution」)

★ MINI SPECIAL of THIS WEEK

5. BUCK-TICK / SEXUAL×××××! ('87年発表 2nd「SEXUAL×××××!」)
6. BUCK-TICK / MY EYES & YOUR EYES ('87年発表 2nd「SEXUAL×××××!」)

★ MY FAVORITE SONG

7. 山下達郎 / クリスマス・イブ ('83年発表 12th SINGLE)

★ JAPANESE HARD & HEAVY

8. GARGOYLE / 審判の瞳 ('93年発表 4th「天論」)

 今回の目玉は、山下達郎のクリスマス・イブ。定番です

1. ROYAL HUNT / STAY DOWN

 ROYAL HUNTデンマーク出身のバンドであります。88年に中心人物であるキーボーディスト、アンドレ・アンダーセンを中心に前身バンドである「APART」が結成されます。翌89年にボーカルにヘンリック・ブロックマンが加入したことによりROYAL HUNTと改名します。92年に1stを発表し、この作品が日本の輸入盤市場で高評価を受けます。アンドレの派手なキーボードプレイ、そして何よりも日本人好みのヨーロピアン風の楽曲が話題になりましたね。2nd発表後、ボーカリストがブロックマンからアメリカ人のD.C.クーパーにチェンジいたします。この3rdはクーパー加入後初の作品となりましたが、前任者を上回る歌唱で一気にレベルが上がりましたね。また、楽曲も前2作と比較してゴージャスになり、ドラマティック性も増しました。次作4thと並んでROYAL HUNTの代表作、と言われるアルバムだと思います。
 

2. PRETTY MAIDS / SIN-DECADE

 このPRETTY MAIDSもデンマーク出身のバンドであります。彼等はデンマークを代表するメタルバンドで“メロディック・パワーメタル”の草分け的な存在であります。音楽的な特徴としては「北欧メタル」と「ジャーマンメタル」両方の長所を併せ持つ、と言われております。初期はHELLOWEEN的なメロディック・パワーメタル的な作風でしたが、2nd、3rdとアメリカを意識したポップな曲調に音楽性がシフトします。この時期の作品は完成度は高いものの日本のファンが彼等に求めるものとは違ったのかと思います。この4thは再度、音楽性を変え、“初期のような”音作りの作品となりました。これは当時のシーンを意識して、ソリッドでヘヴィなものを意識したと思われます。アルバムは高評価を受けましたが、この作品に収録されているジョン・サイクスのカバー「Please Don't Leave Me」が大ヒットしたことが後の彼等を苦しめることになります。
 

3. hide / OBLAAT

 93年にシングル2枚同時発売でソロデビューを果たしたhideさん。僕は個人的にXの楽曲でも彼が作曲した楽曲に凄く魅かれていたこともあって、ソロデビューが決定したときは「待ってました!」という感じで凄く喜んだ記憶があります。そして待望のアルバム発表。ポップチューンからインダストリアルなハードな楽曲まで「これぞhide!」という楽曲が詰まっていましたね。彼はソロデビューの話が持ち上がった時、自分がKISSのギタリスト、エース・フレイリーのソロアルバムを聴いた時の「華やかなポップチューンがいっぱい並んでいる」「この人はたぶん好きな事やってたらこうなったんだろうな…」「ギタリストじゃなきゃ作れないけど、ギタリストのロックアルバムじゃない。歌もののロックのアルバムだ」と感動したことを思い出し、「彼のような作品を作る」と思い、ソロ活動を開始したとのことです。実際に完成したアルバムは彼の思い通りの作品となりました。
 

4. PERSONZ / PARADE

 PERSONZは83年にボーカル、JILLとギタリスト、本田毅のNOTHING PERSONALというユニットが前身のバンドであります。翌84年にバンド名をPERSONZに変更、新宿ロフトを中心としたライブ活動を展開します。本日は彼等がインディーズから発表した初のミニアルバムからの楽曲を紹介してみました。このミニアルバム、後に大ヒットとなるSG「Dear Friends」のオリジナルバージョンが収録されている、ということもあり92年にCD化されるまではかなりの高値で取り引きされていた作品でもあります。本日はそんなミニアルバムの中で“最もキャッチーでない楽曲”を選んでみました(笑)。コード進行というか、メロディーラインが独特ですよね。ただ、後の“PERSONZらしさ”というのも感じられる楽曲かな。僕が初めて彼等の楽曲を聴いた時に「どのバンドにも似ていない」と思ったのもこの独特なメロディーラインだからなのでしょうね。
 

5. BUCK-TICK / SEXUAL×××××!
6. BUCK-TICK / MY EYES & YOUR EYES

 BUCK-TICKオリジナルアルバム特集、2週目です。この作品は前作から7ヶ月のスパンで発表された彼等のメジャーデビューアルバムであります。アルバムタイトルの「×××××!」は「INTERCOURSE」であります。「INTERCOURSE」という単語が性交を意味するものなので、5文字の伏字になっております。彼等はメジャーデビューの条件として、スタジオミュージシャンを起用しない、アルバムはセルフプロデュース、という条件を出しており、この作品もその条件で制作されました。ということで、実際は多少の演奏ミスもあったのですが、差し替えなどをしないでそのまま収録されて発表されています。この作品、チャート最高位33位、売上4万4千枚という結果を残します。これは新人としては異例ともいえるセールスであったのですが、メンバーは“それが凄い事なのかどうか”という判断がなかなかできなかった、とのことです。
 

7. 山下達郎 / クリスマス・イブ

 さて、初登場の山下達郎さんであります(笑)。番組開始から18年目で彼のようなビッグネームが初登場、ということでお判りとは思いますが、僕は達郎の楽曲を熱心に聴いてきた人ではありません。現在でも「取り敢えずの押さえ」としてベストアルバムを数作だけ所有しているといったところです。よく年上の知人から「達郎のアルバム持ってないの?」と聞かれ「ベストしかないんだよね」と答えると、「えー、意外!」と言われます。そう、僕より4歳以上の人はかなり“達郎リスナー”が多いですね。ただ、僕等の同級生で熱心に聴いていた人はいなかったなあ。もしかしたら、ここ留萌が田舎だからか? 僕の勝手なイメージでは“達郎の楽曲は都会のイメージ”というのがあるんですよね。ところで、この楽曲、今では「クリスマスの定番」になりましたよね。発売当時は小ヒットでしたが、88年にJR東海のCMソングに起用されてからはギネス世界記録になるほどのロングセラーとなっております。
 

8. GARGOYLE / 審判の瞳

 GARGOYLEは87年にボーカルのKIBAを中心に結成された大阪のメタルバンドであります。89年にインディーズから1stを発表し高セールスを記録します。私が彼等の楽曲を初めて聴いたのもこの1stであります。確か高3の秋でしたね。この1stも同級生からのレンタル依頼が多かったアルバムです。彼等はその後もインディーズから年に1枚のペースでアルバムを発表し“インディーズ№1”の称号を得ます。そして93年に満を持してのメジャーデビューを果たします。ただ、音楽性が「スラッシュメタル」ということもあったのか、当時のインディーズV系バンドのメジャー進出後のセールスと比較すると“物足りなさ”があったかな。結局、メジャーではオリジナルアルバムを3作発表するにとどまり、96年からはインディーズに活動の場を移します。その後は定期的にアルバムをリリースし、「ライブハウスの帝王」と呼ばれることになります。個人的には“あと1年早くメジャー進出を果たしていれば展開は変わったのかな”と思っております。

 
 次回は「IRON MAIDEN」が登場します!

お知らせ:「エフエムもえる」のHPで「music mania」の番組紹介を聴くことができます。(6分間)
 アドレス http://garakuta.oops.jp/FMC/bangumi.htm#sat
      【ページのいちばん下であります】
以上!

「JCBAインターネットサイマルラジオ」

で番組が楽しめます!  
アドレス http://www.jcbasimul.com/radio/687/

 または、JCBAサイマル専用のスマートフォンアプリ「Radimo」をインストールして下さい。

放送局は  エフエムもえる です!

「music mania」は毎週土曜日21時~22時の放送です!

※再放送は毎週火曜日18時00分に放送開始