music mania ちばちゃん

7月9日(土)は23時より「第810回」の放送、7月10日(日)の14時からは「第806回」の再放送! おかげさまで15周年を迎えました。書き込みヨロシク!

第800回ON AIRリスト(①2022年4月30日放送 ②2022年5月29日放送)

 本日は3ヶ月ぶりの第5土曜ということで、「music mania hyper」をお送りします。放送開始は22時!

 3ヶ月前のブログを読むと「大雪」「3回目のワクチン接種」とありました。当然ですが、雪はすっかり融けました。ただ、今年のGWは気温が低いですね。ま、出掛ける予定は無いのですが(笑)。

 さて、本日のhyper第1部の特集は私が最近ハマっている「岡村靖幸」の特集です。改めて思うのは「やっぱ、この人の才能は凄い!」ということ。後年、クスリの問題があったのが残念ですが、音楽はやっぱ素晴らしい! ちなみに今週、時間があったので「渡辺美里meets岡村靖幸」という自分オリジナルのアルバムを作ってみました。タイトルどおり“岡村ちゃん作曲の美里ソング”をコンプリートしてみました。これが自画自賛の出来。

 今週で放送800回を迎えました! これからもマイペースで4年後の1000回を目指します!

ということで、

第800回放送第1部の(’22年4月30日・’22年5月29日)ON AIRリスト

★「岡村靖幸 特集」

1. 岡村靖幸 / Out of Blue ('87年発表1st「yellow」)
2. 岡村靖幸 / Young oh! oh! ('87年発表1st「yellow」)
3. 岡村靖幸 / いじわる ('88年発表 2nd「DATE」)
4. 岡村靖幸 / イケナイコトカイ ('88年発表 2nd「DATE」)
5. 岡村靖幸 / Vegetable ('89年発表 3rd「靖幸」)
6. 岡村靖幸 / だいすき ('89年発表 3rd「靖幸」)
7. 岡村靖幸 / Dog Days ('89年発表 BEST「早熟」)
8. 岡村靖幸 / 聖書 (バイブル) ('89年発表 BEST「早熟」)
9. 岡村靖幸 / あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう ('90年発表 4th「家庭教師」)
10. 岡村靖幸 / カルアミルク ('90年発表 4th「家庭教師」)
11. 岡村靖幸 / 友人のふり ('88年発表 2nd「DATE」)

 93年以降、急に寡作になってしまったのが個人的には残念です。彼が90年代にコンスタントに作品を発表していたら、どんな作品になっていたのかなあ。

 さて、いつもどおりの第2部です。

第800回放送第2部の(’22年4月30日・’22年5月29日)ON AIRリスト

HM/HR GUIDE for BIGINNERS

1. STRATOVARIUS / GIANTS ('15年発表 15th「ETERNAL」)
2. TEN / THE NAME OF THE ROSE ('96年発表 2nd「THE NAME OF THE ROSE」)

★ VISUAL ROCK LEGENDS

3. L'luvia / TRUE ROMANCE ('96年発表 Mini「Blanc Neige」)

★ BAND BOOM MEUSEUM

4. BARBEE BOYS / はちあわせのメッカ ('87年発表 4th「LISTEN! Barbee Boys 4」)

★ MINI SPECIAL of THIS WEEK

5. JUDY AND MARY / LOLITA A-GO-GO ('94年発表 1st「J・A・M」)
6. JUDY AND MARY / DAYDREAM ('94年発表 1st「J・A・M」)

★ MY FAVORITE SONG

7. KATSUMI / YES, 抱きしめて ('90年発表 3rd SINGLE)

★ JAPANESE HARD & HEAVY

8. VOW WOW / DON'T LEAVE ME NOW ('87年発表4th「V」)

 第2部の目玉はTENのTHE NAME OF THE ROSE。これは名曲です!

1. STRATOVARIUS / GIANTS

 ギタリストにマティアス・クピアイネンを迎えて4作目となる作品からの1曲です。前ギタリスト、ティモ・トルキ在籍時最後の作品が「え、コレ、ストラト?」というような作品でしたので、個人的にはマティアスが加入して“従来のストラト路線”に戻ったのが嬉しかったですね。「安心のクオリティー」が彼等の最大の武器ですかね。基本的には“ハズレ”はありません。マティアス加入後の作品は新たなスタイルを提示しつつも基本的には“ストラトの音”になっています。ちなみにこの「GIANTS」という楽曲は日本のみのボーナストラックであります。
 

2. TEN / THE NAME OF THE ROSE

 1st「TEN」がここ日本で大好評だったことをうけ、わずか5ヶ月のスパンで発表されたのがこの2ndであります。元々、1st用に30曲以上のストックがあったらしく、そこから選曲した楽曲に新曲をプラスした内容です。ボーカル、ゲイリー・ヒューズとギター、ヴィニー・バーンズのケミストリーが味わえる作品です。この時期の彼等の魅力は「極上のメロディー、アダルトな歌唱、素晴らしい演奏」かなと。この「THE NAME OF THE ROSE」は某メタル専門誌の96年ベストチューンに選出された楽曲です。メロディアスハードでは最高峰の楽曲だと思いますね。文句なしに100点です。
 

3. L'luvia / TRUE ROMANCE

 番組初登場のL'luvia。新潟出身であります。当時のV系シーンはダーク、耽美、といったスタイルのバンドがほとんどでしたが、このL'luviaは“ポップでキャッチー”という“反主流”の音を出していましたね。今日は初登場ということで、彼等初のCD音源からの1曲を紹介してみました。この時期の彼等の音は先程言ったような“ポップでキャッチー”ではありません。“王道のV系の音”のであります。個人的にはこの路線で進んで欲しかったと思います。しかし、この翌年のシングルから彼等は大胆に音をシフトさせ、“アイドル路線”へ走り出します。
 

4. BARBEE BOYS / はちあわせのメッカ

 久しぶりのバービーであります。この「LISTEN! Barbee Boys 4」は彼等のアルバムの中で一番思い入れのある作品です。当時、高校へ入学して本格的に“日本のロック”を聴くようになった時に出会ったアルバムです。高1の頃“よく聴いたアルバム”のトップ3に入ると思います。この頃は「テレビで観ることがないバンド」の音を聴くたびに「今まで知らなかった世界を知った」みたいな感覚で、初めて聴くバンドの音に毎日ワクワクしていたような気がします。そんな経験からか、今でも「高校時代に聴いた音」っていうのは忘れられないですね。思い出が詰まっています。
 

5. JUDY AND MARY / LOLITA A-GO-GO
6. JUDY AND MARY / DAYDREAM

 さて、「JUDY AND MARY特集」、2週目です。1st「J・A・M」はメジャーデビュー作でインディーズのミニアルバムの楽曲もほとんど再録で収録されています。この作品からギターを担当しているのは、後期ジュディマリの中心人物、TAKUYAであります。この1stはほぼベースの恩田さんの楽曲で占められていて彼が描いた「ジュディマリのコンセプト」が詰まった作品でもあります。そんな訳で、“TAKUYAっぽさ”を皆無と言って良いでしょう。僕はPRESENCE、JACKS'N' JOKERと恩田さんを追っかけてきた人でしたので、この1stもほぼ発売と同時に入手しました。「もしかしたら、売れるかも…」とは思いましたが、ミリオンセールスを記録するバンドになるとは思いませんでした。
 

7. KATSUMI / YES, 抱きしめて

 “春らしい、開放感のある楽曲”というコンセプトでチョイスしたのがこの楽曲であります。彼を知ったのはカメリアダイアモンドのCM曲にもなった2ndSG「危険な女神」でした。「きれいなハイトーンボーカルだな」が第一印象。本格的に彼の作品を集めるのは、この「YES, 抱きしめて」を友人のM君がカラオケで歌ったのがキッカケです。「あ、この曲、イイ!」となってアルバムを買ってみることに。意外にもハードロックテイストの楽曲があったのも気に入る要因でしたね。QUEEN好きの人なら聴いてみると面白いかも。
 

8. VOW WOW / DON'T LEAVE ME NOW

 僕の「VOW WOWフェイバリットソング」はこの楽曲です。何度もお話ししていますが、僕は彼等の音を学生時代に体験しておりません。「存在と名前は知っている」といった程度でありました。90年代半ばになって「英国で認められたバンドだから」といった理由で当時入手できた唯一のベストアルバムを聴いて衝撃を受けました。「スゲーよ、こいつら」といった感じで。結局、オリジナルアルバムが再発される06年まで、彼等の全貌を知ることができませんでしたね。
 
 さて、次回は「Versailles」が登場します! 「music mania hyper」終了後は引き続き、Midnight Bestです。

★ Midnight Best Vol.069 ON AIRリスト

EUROPE / ROCK THE NIGHT - THE VERY BEST OF EUROPE ('04年発表)

 放送時間は2時間29分。「~hyper」から4時間半のお付き合いですが(笑)、頑張って聴いて下さると嬉しいです!
以上!

お知らせ:「エフエムもえる」のHPで「music mania」の番組紹介を聴くことができます。(6分間)
 アドレス http://garakuta.oops.jp/FMC/bangumi.htm#sat
      【ページのいちばん下であります】
以上!

「JCBAインターネットサイマルラジオ」

で番組が楽しめます!  
アドレス http://www.jcbasimul.com/radio/687/

 または、JCBAサイマル専用のスマートフォンアプリ「Radimo」をインストールして下さい。

放送局は  エフエムもえる です!

「music mania」は毎週土曜日23時~24時、引き続き24時から「Midnight Best」をお送りしております!(第5土曜日のみ22時~24時)

※「music mania」のみ再放送。毎週日曜日14時00分に放送開始です。