music mania ちばちゃん

7月24日(土)は23時より「第760回」の放送、7月25日(日)の14時からは「第756回」の再放送! 書き込みヨロシク!

第737回ON AIRリスト(①2021年2月13日放送 ②2021年3月14日放送)

 さて、昨日、今日と6時半に起床です。雪が積もらない、というのが判っていたので1時間半以上も遅く起きました。なんか「たっぷり寝た」という感じで気持ち良かったですね。2ヶ月ぶりぐらいですかね。自分の勝手な予想だと、あと2週間で「早朝の雪かき」から解放されると読んでいるのですが。なんとなく、春が近づいている気がしております。

 先日、泉谷しげるさんの「自画自賛」というベストアルバムを中古でゲット(笑)。ロック色の濃かった「ビクター在籍時」のベストアルバムです。これが予想以上にカッコ良かったです。特に「火の鳥」、最高でした。もっと早く聴いておけば良かったかな。

 ということで、

第737回放送の(’21年2月13日・’21年3月14日)ON AIRリスト

HM/HR GUIDE for BIGINNERS

1. GAMMA RAY / RAZORBLADE SIGH ('99年発表 6th「POWERPLANT」)
2. IMPELLITTERI / POWER OF LOVE ('92年発表 2nd「GRIN AND BEAR IT」)

★ VISUAL ROCK LEGENDS

3. 摩天楼オペラ / Justice ('12年発表 2nd「Justice」)

★ BAND BOOM MEUSEUM

4. たま / 方向音痴 ('89年発表 1st「しおしお」)

★ MINI SPECIAL of THIS WEEK

5. RC SUCCESSION / スローバラード ('76年発表 3rd「シングル・マン」)
6. RC SUCCESSION / ブン・ブン・ブン ('80年発表 LIVE「RHAPSODY」)

★ MY FAVORITE SONG

7. 森川由加里 / SHOW ME ('87年発表 2nd SINGLE)

★ JAPANESE HARD & HEAVY

8. 聖飢魔Ⅱ / FIRE AFTER FIRE ('99年発表 BEST「1999 BLACK LIST」)

 今回の目玉は、RC SUCCESSIONスローバラード。これは名曲!

1. GAMMA RAY / RAZORBLADE SIGH

 GAMMA RAYに関しては基本的にどの作品もハズレは無いかなと思います。“鉄板”のメロディックパワーメタルを堪能できるバンドですね。恐らくこのバンドの「好き」「嫌い」を決めるのは“カイ・ハンセンのボーカル”を受け入れるか否かだけでしょうね。ちなみに僕がGAMMA RAYの作品を集めた時期が丁度この6thが発表になった頃でした。キッカケはもちろん、HELLOWEENを聴いてからこちらに流れた、というお決まりのパターンです。最初は「やっぱ、専任のボーカルを加入させた方が…」とは思いましたが、聴き始めて20年以上経った今では、このボーカルでないと違和感を感じるような気がしています。慣れって恐ろしいですね。f:id:maniachibachang:20190914151800g:plain
 

2. IMPELLITTERI / POWER OF LOVE

 この2ndは発売時にファンから酷評を受けた作品ですね。1stでボーカルにグラハム・ボネットを迎え、見事なネオクラシカルメタルを披露した事で、ここ日本では一気に注目を浴びる存在になりました。ファンの期待を受けて制作された2ndでしたが、中身はなんと“ファンクメタル”でした。多分、「俺はこんな事も出来るぜ!」みたいな感じを打ち出したかったのかな。そんなアルバム中、唯一、ネオクラシカルメタル風味の楽曲がこの曲。やっぱ、ファンはこういうのを期待していたと思うのですが。ただ、「IMPELLITTERIはネオクラ」というイメージを持たずにこのアルバムを聴くと、それ程酷評される作品では無いと思うのですが。f:id:maniachibachang:20190914151715g:plain
 

3. 摩天楼オペラ / Justice

 正直言うと、僕の中での“V系ブーム”は20世紀で終わっていると思っています。このコーナーで紹介している2000年代以降にデビューしたバンドは基本“メタルの要素があるもの”に限られています。この摩天楼オペラもメタル雑誌「BURRN!」で紹介されていたのが聴くキッカケでした。2010年頃から「BURRN!」で日本のアーティストが紹介されるようになり、そこからいくつかのバンドに触れる機会を得ましたね。それが無かったら出会う事が無かったバンドだと思っております。ボーカルが完全に“V系”ですが、やっている音楽は完全にメタルです。V系のファンのみならず、メタルファンにも受け入れられる存在だと思うのですが。f:id:maniachibachang:20190914151707g:plain
 

4. たま / 方向音痴

 僕がたまを初めて観たのは「イカ天」です。高3の11月だったと思います。丁度、10月から番組が北海道でもネットされることになり、観始めて1ヶ月後に登場したのがたまでした。最初は「なんじゃコレ。イロモノじゃん。」と思ったのですが、そのオリジナリティは気になりましたね。最終的には札幌のインディーズショップでシングルとアルバムを買ってしまいました。90年にメジャーデビューし、“たま現象”とも言われたブームを起こします。インディーズ時代の楽曲のほとんどはメジャー作品に収録されることになるのですが、個人的には“チープな”インディーズ時代の音が好みですね。f:id:maniachibachang:20190914151822g:plain
 

5. RC SUCCESSION / スローバラード
6. RC SUCCESSION / ブン・ブン・ブン

 さて、「RC SUCCESSION特集」2週目です。3rd「シングル・マン」は彼等が初めて電気楽器を導入した作品です。録音自体は75年に済んでいましたが、事務所の移籍トラブルに巻き込まれたこともありお蔵入り。1年後にようやく発売されるも、販売不調ですぐに廃盤に。この時期の彼等は主に矢沢さんや陽水さんの前座が唯一の活動といった状態で「暗黒時代」でした。78年頃からギターに仲井戸麗市を迎えバンドは「ロック化」します。これをキッカケに絶大な支持を得るようになります。そして80年、バンドのブレイク時の勢いをそのままパッケージしたのがLIVEアルバム「RHAPSODY」であります。これは日本ロック史に残る名盤です。f:id:maniachibachang:20190914151510g:plain
 

7. 森川由加里 / SHOW ME

 「船山基紀先生アレンジ集」7週目です。音がバブリーですね(笑)。ドラマ「男女7人秋物語」の主題歌でしたね。カバー・ガールズのデビュー曲のカバーであります。ドラマの前作「男女7人夏物語」の主題歌「CHA-CHA-CHA」が大ヒットしたので、この楽曲もある程度、ヒットが約束されたものだったと思います。船山先生のアレンジも原曲の良さを壊すことなく、かつゴージャスに仕上げていると思います。当時、僕はこの曲が森川さんのデビュー曲だと思っていましたが、実は2ndだったんですね。f:id:maniachibachang:20190914151814g:plain
 

8. 聖飢魔Ⅱ / FIRE AFTER FIRE

 実は僕が初めて購入した聖飢魔Ⅱの作品はこの「1999 BLACK LIST」であります。それまで彼等の作品は1枚も所有していなかったのですが、この年、解散記念に2枚のベストが発売される、ということで「これを機に買ってみよう!」ということになり購入しました。コレがね、凄く良かったんです。ちなみにこの楽曲は2nd収録の楽曲をリレコーディングしたものです。結局、すっかり気に入って過去作を集めることになってしまいました(笑)。正直、それまで、ちょっとイロモノ的に彼等を見ていたのですが、自分の中の評価が変わりましたね。f:id:maniachibachang:20190914151401g:plain
 
 来週は「MR.BIG」が登場します! 「music mania」終了後は引き続き、Midnight Bestです。

★ Midnight Best Vol.007 ON AIRリスト

黒夢 / COMPLETE SINGLES ('03年発表)

 ボーナストラック3曲! 放送時間は1時間57分。深夜ですが、頑張って聴いて下さると嬉しいです(笑)!

以上!

「JCBAインターネットサイマルラジオ」

で番組が楽しめます!  
アドレス http://www.jcbasimul.com/radio/687/

 または、JCBAサイマル専用のスマートフォンアプリ「Radimo」をインストールして下さい。

放送局は  エフエムもえる です!

「music mania」は毎週土曜日23時~24時、引き続き24時から「Midnight Best」をお送りしております!(第5土曜日のみ22時~24時)

※「music mania」のみ再放送。毎週日曜日14時00分頃に放送開始(前後します)