music mania ちばちゃん

10月8日(土)は23時より「第823回」の放送、10月9日(日)の14時からは「第819回」の再放送! おかげさまで16周年を迎えました。書き込みヨロシク!

第678回ON AIRリスト(①2019年10月26日放送 ②2020年1月19日放送)

 さて、以前ある本を読んでいて「これだ!」と思っていたものを11月末の「music mania hyper」の特集ネタにすることを決めました。これまで「1アーティスト」「1ジャンル」などの特集がほとんどでしたが、今回は「違った視点での」特集です。実際に楽曲を並べて聴くととても面白い。正直、対象は僕と同世代以上の方と思われますが(笑)。ちょっとだけ期待してください。

 僕のお気に入りテレビ番組、毎週日曜21時からBSトゥエルビで放送されている「ザ・カセットテープ・ミュージック」。この番組で放送された楽曲を収録した「ザ・カセットテープ・ミュージックCD」が今年の6月に発売されました。通販限定商品。僕は同じ内容で“自分で作成”することにしました。3曲程は配信やレンタルでゲットしましたが、外は我が家の音源でOKでした。これが最近のお気に入りですね。

 職場の机に置いてあった「卓上扇風機」がシーズンオフに入りました。来週からは「卓上加湿器」がシーズンインします(笑)。

 ということで、

第678回放送の('19年10月26日・'20年1月19日)ON AIRリスト

HM/HR GUIDE for BIGINNERS

1. KISS / ROCK AND ROLL ALL NIGHT ('75年発表 3rd「DRESSED TO KILL」)
2. STEEL PANTHER / PARTY ALL DAY ('09年発表 1st「FEEL THE STEEL」)

★ VISUAL ROCK LEGENDS

3. SOLID / α・CONTROL ('99年発表 1st「HYBRID SIDE」)

★ BAND BOOM MEUSEUM

4. 筋肉少女帯 / 踊るダメ人間 ('91年発表 Mini「断罪! 断罪! また断罪!!」)

★ MINI SPECIAL of THIS WEEK

5. とんねるず / 情けねえ ('91年発表17th SINGLE)
6. とんねるず / 一番偉い人へ ('92年発表19th SINGLE)

★ MY FAVORITE SONG

7. コブクロ / 赤い糸 ('08年発表 16th SINGLE「時の足音」C/W)

★ JAPANESE HARD & HEAVY

8. OUTRAGE / UNDER CONTROL OF LOW ('88年発表 1st「BLACK CLOUDS」)

 今回の目玉は、SOLIDのα・CONTROL。このバンドには成功して欲しかったですね。

1. KISS / ROCK AND ROLL ALL NIGHT

 彼等の日本デビュー作となった3rdから現在では“ロック・アンセム”となっている楽曲を紹介してみました。この3rdは彼等にとって初のヒット作となり、次作のライブアルバム「ALIVE」で全米にその名を知られることになります。僕より年齢が上のミュージシャンのインタビューなんかを読むと「洋楽ロックの入口はKISS」という方が非常に多いですね。僕に関してはKISSはかなり後追いで聴きましたね。HM/HRを聴き始めてからは「激しい音」を求めていたので、KISSのような“ポップなロック”は後回しになってしまいましたね。このポップさが万人受けするんだよな。f:id:maniachibachang:20190914151451g:plain
 

2. STEEL PANTHER / PARTY ALL DAY

 個人的に非常に気に入っているバンドであります。彼等、元々はLAでVAN HALENのトリビュートバンドとして活動していました。音は聴いてのとおり“80年代メタル”しています。当時の楽曲のおいしいところを「パクリ」にならない程度に「拝借」しての楽曲づくりは見事です(笑)。こういう「80年代メタルへのオマージュ」が感じられる作品っていいですね。本日の楽曲は“BON JOVIファン”に聴いて欲しいと思ってチョイス。基本的に歌詞はもの凄く“下品”。無駄に演奏力が高いのが心憎いですね。f:id:maniachibachang:20190914151748g:plain
 

3. SOLID / α・CONTROL

 デランジェラルクを輩出した「デンジャークルーレーベル」出身のバンドであります。インディーズでアルバム1作、シングル3作を残し解散。ということで今では覚えている人はほとんどいないと思われるバンドかなと。ボーカル、演奏力、楽曲の出来、すべてにおいてハイレベルであります。ウチに遊びに来る知人に聴かせるとほとんどの人が「カッコイイ!」と誉めていますね。今日はボーカルの実力とサビのカッコ良さを味わってもらおう、とこの楽曲を選んでみました。そんな彼等のアルバムですが、中古で500円です(笑)。500円でこんあに良いものを楽しめるなら、と思ってしまいますね。f:id:maniachibachang:20190914151722g:plain
 

4. 筋肉少女帯 / 踊るダメ人間

 筋少はもちろん学生の頃から存在を知っていました。「あ、ジュンスカと同じレーベルだ」というような感じ。「高木ブー伝説」なんかも話題になりましたが、当時はずっとスルーしていました。僕が初めて買った音源は「復活究極ベスト:大公式」という作品です。息子が生まれてすぐ買った作品なのでよく覚えています(笑)。その時に特に印象に残ったのがこの曲です。以前、一緒に番組をやっていた小野ちゃんと「筋少はやっぱ、オーケンのボーカルじゃないとダメだよね」と話していました。歌唱力の高い人のボーカルは筋少には合わない気がしますf:id:maniachibachang:20190914151814g:plain
 

5. とんねるず / 情けねえ
6. とんねるず / 一番偉い人へ

 今日は彼等の楽曲の中でも「メッセージ性の強い楽曲」を選んでみました。1曲目「情けねえ」はこの年に勃発した湾岸戦争と、それに対する日本の対応を風刺した歌詞であります。長渕さんを意識しているのはお聴きのとおりです。この曲のヒットで彼等は年末の紅白歌合戦に初出場します。出場時にはボディーペインティングで「受信料を払おう」のメッセージを披露。2曲目「一番偉い人へ」は当時の宮沢首相へ向け、日本がどうあるべきかをテーマにした楽曲です。また、この年に亡くなった尾崎豊を意識しているのが判ります。f:id:maniachibachang:20190914151859g:plain
 

7. コブクロ / 赤い糸

 ファンの方はお判りでしょうが、この楽曲は彼等のインディーズ2ndに収録されていた楽曲です。今日はメジャーでの再録バージョンで紹介してみました。やっぱ、ストリングスが入ると「メジャーだな」と思ってしまいます。コブクロの存在はインディーズ時代から知っていましたが、きちんと聴くようになったのは04年のメジャーの4thからでしたね。これはカミさんの影響ですね。時期でいうと“大ブレイク直前”だったと思います。楽曲は素晴らしいと思いましたが、この手の“フォーク系”がこれほどウケるとは思いませんでしたねf:id:maniachibachang:20190914151623g:plain
 

8. OUTRAGE / UNDER CONTROL OF LOW

 マチュア時代「名古屋にメタリカにそっくりなバンドがいる!」と評判になったのがこのOUTRAGE。日本のスラッシュメタルバンドで初めてメジャーに進出したのはおそらく彼等だと思います。高校時代から名前は知っていましたが“スラッシュメタル”というものが僕には“未知の領域”だったため完全にスルー。僕が彼等の音源を初めて聴いたのは実はこの番組が始まった後の2010年。インチキメタラーですね(笑)。この音は非常にカッコ良かったですね。もっと早くに聴くべきでした。f:id:maniachibachang:20190914151409g:plain
 
 来週は「SLIPKNOT」が登場します! 「music mania」終了後は引き続き、Midnight Liveです。

Midnight Live Vol.293 ON AIRリスト

EUROPE / LIVE AT SWEDEN ROCK -30TH ANNIVERSARY SHOW- ('13年発表)

 本日の放送時間は2時間16分。 深夜ですが、頑張って聴いて下さると嬉しいです(笑)!

以上!

「JCBAインターネットサイマルラジオ」

で番組が楽しめます!  
アドレス http://www.jcbasimul.com/

放送局は  エフエムもえる】(北海道)>

「music mania」は毎週土曜日23時~24時、引き続き24時から「Midnight Live」をお送りしております!(第5土曜日のみ22時~24時)

※「music mania」のみ再放送。毎週日曜日14時00分頃に放送開始(前後します)