music mania ちばちゃん

7月9日(土)は23時より「第810回」の放送、7月10日(日)の14時からは「第806回」の再放送! おかげさまで15周年を迎えました。書き込みヨロシク!

第802回ON AIRリスト(①2022年5月14日放送 ②2022年6月12日放送)

 さて、GWも終わり今週から本格的に仕事再開です。職場では今週、来週と「人事評価面談期間」となっていて、管理職の私は“評価する側”ということになります。なぜ面談期間が2週間もあるのかというと、単純にウチの職場には60人以上いるからであります(笑)。基本的に話すことが好きな私には“結構、楽しい仕事”になります。職員の“人物像”を知る貴重な機会でもあります。ま、人数が人数なので、ちょっと問題がある職員も居たりしますが、私は「褒めて伸ばす」「モチベーションを上げる声掛け」のスタイルで行っています。昨日でちょうど半数が終了したところですが、楽しいといっても、やっぱ、話し続けるのは体力が必要ですね(笑)。

 ということで、

第802回放送の(’22年5月14日・’22年6月12日)ON AIRリスト

HM/HR GUIDE for BIGINNERS

1. IRON MAIDEN / WRATHCHILD (1999 version) ('99年発表 BEST「ED HUNTER」)
2. ROYAL HUNT / MESSAGE TO GOD ('97発表 4th「PARADOX」)

★ VISUAL ROCK LEGENDS

3. MALICE MIZER / 麗しき仮面の招待状 ('95年発表 1st SINGLE)

★ BAND BOOM MEUSEUM

4. LINDBERG / JUMP ('89年発表 2nd「LINDBERG II」)

★ MINI SPECIAL of THIS WEEK

5. JUDY AND MARY / Over Drive ('95年発表 3rd「MIRACLE DIVING」)
6. JUDY AND MARY / ステレオ全開 ('94年発表 3rd「MIRACLE DIVING」)

★ MY FAVORITE SONG

7. 川本真琴 / 桜 ('98年発表 4th SINGLE)

★ JAPANESE HARD & HEAVY

8. 聖飢魔Ⅱ / HOLY BLOOD ~闘いの血統~ ('96年発表 10th「メフィストフェレスの肖像」)


 今回の目玉は、川本真琴。彼女の才能はもっと評価されても良いと思います。

1. IRON MAIDEN / WRATHCHILD (1999 version)

 この楽曲の原曲はボーカルがポール・ディアノ時代の2nd「KILLERS」に収録されています。本日のバージョンは2代目ボーカリストブルース・ディッキンソンが6年振りにバンドに復帰した時に収録されたバージョンで、ベストアルバムの隠しトラックで収録されました。楽曲自体はブルースボーカル時代もライブの定番曲でしたが、スタジオ収録バージョンはこのとき初めて披露されました。ディアノバージョンも良いのですが、こちらも素晴らしいですね。個人的にはブルースがボーカルを務めていなかった時代の1st、2nd、10th、11thをブルースのボーカルで聴いてみたいですね。
 

2. ROYAL HUNT / MESSAGE TO GOD

 デンマーク出身のバンドがアメリカ人ボーカリストD.C.クーパーを迎えて制作された2作目となります。宗教をモチーフとしたコンセプトアルバムなのですが、楽曲単品としても珠玉の楽曲が収録されております。僕の中ではROYAL HUNTの最高傑作は今でもこの4thですね。この楽曲はアルバム中盤の4曲目に収録されているのですが、ラスト3曲の劇的な展開は圧巻であります。「メタルなんてうるさいだけ」と思っている人にぜひとも聴いてもらいたい作品ですね。
 

3. MALICE MIZER / 麗しき仮面の招待状

 僕等の世代ではGACKTMALICE MIZERに在籍していた、というのは当たり前の事なのですが、若い人にとってはソロのGACKTしか知らない人も多いのかも。ましてMALICE MIZER自体を知らない人も多いのではないかと思います。今日の楽曲はGACKTが2代目ボーカルとしてバンドに加入して初の音源となります。僕はインディーズ時代のMALICEのショットを見て「なんじゃ、こりゃ」と思っていたのですが、メジャー進出した彼等の音を初めて聴き、「あれ、イイじゃん」となって音源を揃えました。そんな訳でMALICEに関しては「俺、昔から知ってたよ」と自慢はできません(笑)。
 

4. LINDBERG / JUMP

 今日は彼等のライブでの定番曲をお送りしてみました。実は彼等がブレイクするのはこのアルバムの発売2か月後に発表されたシングル「今すぐ Kiss Me」であります。僕は彼等のデビュー時から存在は知っていたのですが「元アイドルのバンド」ということで、完全にスルーしていました。なので、「今すぐ Kiss Me」がドラマ主題歌として大ヒットしたときは「え、あのバンドが?」と正直、驚きましたね。この2ndまではメンバーの楽曲と外部作家の楽曲が半々ぐらいということで、方向性を探っていた感がありましたね。
 

6. JUDY AND MARY / ステレオ全開

 さて、「JUDY AND MARY特集」4週目。1曲目「Over Drive」は彼等初のトップ10ヒットシングルとなりました。作曲はギターのTAKUYAです。この曲のヒットで完全にブレイクしましたね。そんな事もありこの3rd「MIRACLE DIVING」はチャート2位のヒットを記録します。特徴的なのはTAKUYAの制作する楽曲の割合が増えたこと。当時はそれ程気にはなりませんでしたが、振り返ればこの時期からバンドの主導権は恩田さんからTAKUYAにシフトし始めたのか知れませんね。結局、僕が今日選んだ2曲もTAKUYAの楽曲でしたね。僕がTAKUYAのセンスが気になり始めたのはこの時期ですかね。
 

7. 川本真琴 / 桜

 先日、改めて彼女の1stを聴き直したました。やっぱり「このコの才能は凄いな」という結論になりました。僕は彼女の1stSG「愛の才能」からリアルタイムで聴いていた人なので、1stアルバムがミリオンセールスを記録したのは素直に嬉しかったですね。当時は彼女が寡作のアーティストになるとは思いませんでした。この「桜」も前作から1年振りのシングルでした。この楽曲の歌詞だけを見ると、定型の“歌詞”ではなくて、普通の自由な“文章”なんです。それをメロディーに乗せるというのが凄い才能だなと思いましたね。おそらく、カラオケで歌うのは非常に難しい楽曲だと思います。
 

8. 聖飢魔Ⅱ / HOLY BLOOD ~闘いの血統~

 このアルバムはレーベル移籍第1弾となる作品です。実はこの時期の彼等を取り巻く状況はかなり厳しかったこともあり、アルバムはかなりの低予算で制作されました。音楽性も前作で拡散し過ぎたのを“原点回帰”を狙ったかのような楽曲を揃えました。やっぱ、聖飢魔Ⅱは“メタルバンド”なんだよな、というのを判らせてくれた作品ですね。この「HOLY BLOOD ~闘いの血統~」は後期ライブの定番曲になりました。
 
 来週は「KENZI」が登場します! 「music mania」終了後は引き続き、Midnight Bestです。

★ Midnight Best Vol.071 ON AIRリスト

中島みゆき / 大吟醸 ('96年発表)、大銀幕 ('98年発表)

 放送時間は2時間10分。深夜ですが、頑張って聴いて下さると嬉しいです!

お知らせ:「エフエムもえる」のHPで「music mania」の番組紹介を聴くことができます。(6分間)
 アドレス http://garakuta.oops.jp/FMC/bangumi.htm#sat
      【ページのいちばん下であります】
以上!

「JCBAインターネットサイマルラジオ」

で番組が楽しめます!  
アドレス http://www.jcbasimul.com/radio/687/

 または、JCBAサイマル専用のスマートフォンアプリ「Radimo」をインストールして下さい。

放送局は  エフエムもえる です!

「music mania」は毎週土曜日23時~24時、引き続き24時から「Midnight Best」をお送りしております!(第5土曜日のみ22時~24時)

※「music mania」のみ再放送。毎週日曜日14時00分に放送開始