music mania ちばちゃん

8月13日(土)は23時より「第815回」の放送、8月14日(日)の14時からは「第811回」の再放送! おかげさまで15周年を迎えました。書き込みヨロシク!

第807回ON AIRリスト(①2022年6月18日放送 ②2022年7月17日放送)

 さて、私は昨日から3連休です。昨日、久し振りの「完全オフ」の年休を取得して3連休に。結構忙しかったということもありますが、職場にいるのが楽しいということもあったのですが、気付けば今年も半年が過ぎようとしていたこともあって年休を取得することに。取り敢えず通常通りに起床し、隣の実家の庭の草刈り作業をしました。父親が入院中ということもあり、かなり草が伸びていて思っていた以上に時間が掛かりました。その後、ホームセンターへ行き“高圧洗浄機”を購入。家に戻り、試運転ということで洗車をしました。うん、これまでのところ普段の仕事より体力を使っています。

 昼からは“読書タイム”。届いたばかりの新書「クリスタルサウンドの秘密」を読みました。オメガトライブ本の第2弾で「カルロス・オメガ」について書かれた本であります。杉山オメガを取り上げた第1弾でオメガが“敏腕スタジオミュージシャンによるプロジェクト”ということが明らかになっていたので、新たな発見はありませんでしたが、なかなか楽しめました。

 今、その本の中でも取り上げられていた作品、菊池桃子率いる「ラ・ムー」のアルバム、「THANKS GIVING」を聴いております。このサウンド、素晴らしいです! 再評価求む!


 ということで、

第807回放送の(’22年6月18日・’22年7月17日)ON AIRリスト

HM/HR GUIDE for BIGINNERS

1. JUDAS PRIEST / THE HELLION ~ ELECTRIC EYE ('82年発表 8th「SCREAMING FOR VENGEANCE」)
2. INSANIA / PRAEPARATUS SUPERVIVET ('21発表 5th「V(PRAEPARATUS SUPERVIVET)」)

★ VISUAL ROCK LEGENDS

3. 黒夢 / 終幕の時 ('93年発表 1st「亡骸を…」)

★ BAND BOOM MEUSEUM

4. たま / らんちう ('91年発表 1st SINGLE「さよなら人類」C/W)

★ MINI SPECIAL of THIS WEEK

5. JUDY AND MARY / カメレオンルミィ ('01年発表 6th「WARP」)
6. JUDY AND MARY / ガールフレンド ('01年発表 6th「WARP」)

★ MY FAVORITE SONG

7. 和楽器バンド / いろは唄 ('14年発表 1st「ボカロ三昧」)

★ JAPANESE HARD & HEAVY

8. SNIPER / OVER THE SKY ('84年発表 1st「OPEN THE ATTACK」)


 今回の目玉は、たまらんちう。いくつかあるバージョンの中で“シングルバージョン”をお送りします。やっぱ凄いな。

1. JUDAS PRIEST / THE HELLION ~ ELECTRIC EYE

 HM史上、最高の楽曲のひとつですね。僕が本格的に洋楽メタルを聴き始めた95年、自分なりに勉強してJUDAS PRIESTが“メタル・ゴッド”と呼ばれている事を知りました。「“神”の音はどんな音なのだろう?」と思い、取り敢えず「METAL WORKS '73-'93」という2枚組ベストアルバムを購入。最初に流れてきた楽曲がコレ。一発でノックアウトされましたね。同時に「俺は一生、メタルを聴き続ける!」と決意しましたね(笑)。マジにその時は「今まで聴いた中で一番カッコイイ楽曲」だと思いましたね。そんな訳で、この番組の第1回の1曲目もこの楽曲でしたね。
 

2. INSANIA / PRAEPARATUS SUPERVIVET

 久しぶりの登場、と言っても前回の紹介を覚えている人は皆無でしょうね(笑)。INSANIAはスウェーデンメロディックパワーメタルバンドであります。07年に4thを発表して以降、音沙汰が無かったので、僕は解散したと思っていました。ところが実は解散していなくて、メンバーの諸事情でアルバムを発表できなかったそうです。基本的にメンバーは変わらず、ギタリストが加わって6人体制になったそうです。そんな彼等が昨年14年振りに新作を発表、今日はその新作からオープニングを飾る楽曲を紹介してみました。聴いてのとおり音は「HELLOWEEN直系」のサウンドであります。「待ってました!」というサウンドです。個人的にこのストレートさが好きですね。
 

3. 黒夢 / 終幕の時

 この「亡骸を…」という作品はインディーズでの最終作で、インディーズチャートで2ヶ月連続の1位を獲得した作品です。今と違い、30年程前の自主製作盤は限られたショップと通販がメインであり、その状況で初回で5万枚のセールスをあげ、最終的に30万枚のセールスを記録したと言われています。僕も札幌のインディーズショップに予約し通販で購入しました。おそらくここ留萌では最も早く手に入れたひとりと思われます。聴いての通り、当時の彼等の音はダークでゴシック寄りの楽曲が多かったですね。恐らくギターの臣の影響が大きかったのかなと思います。
 

4. たま / らんちう

 僕が高3の10月から北海道でも放送が開始された「イカ天」。その1ヶ月後に番組に登場したのがこの「たま」。そして演奏された楽曲がこの曲でした。当時は衝撃、というより「なんだ、こりゃ」でしたね。もちろん、このバンドの凄さも判らず、ただの“イロモノ”としてみておりました。多分、ほとんどの視聴者がそうだったと思います。最初から「このバンドは凄い!」と思った人は100人いたら2人ぐらいだと思う。僕がこのバンドの凄さを知ったのはアルバムを聴き込んでからでしたね。アンサンブルが素晴らしいですし、オリジナリティーも抜群。
 

5. JUDY AND MARY / カメレオンルミィ
6. JUDY AND MARY / ガールフレンド

 さて、「JUDY AND MARY特集」9週目、最終回。恩田さんから脱退の申し出があった後、バンドは「恩ちゃん抜きのジュディマリは考えられない」と、最後にアルバムをしっかり制作して解散することを決定します。そのような経緯で制作されたこの6th「WARP」はTAKUYAプロデュースのアルバムです。恩田さんの楽曲はなし。個人的には「悪くはないが、これはジュディマリの作品ではない」と感じております。やっぱ、ジュディマリって4人の“絶妙なバランス”が良かったのかなって思います。恩田さんの色がない音に“ジュディマリ”を感じないんだよなあ。
 

7. 和楽器バンド / いろは唄

 今日は「自分が定期的に聴きたくなる楽曲」ということで選曲しました。僕が和楽器バンドを知ったのは今から7年前、2nd「八奏絵巻」がチャート1位を獲得しニュースに取り上げられていた時でした。巷ではこの1st「ボカロ三昧」発表時に話題になっていたみたいですが、僕はまったく知りませんでした。気になって聴いてみると一発でファンになりましたね。“ロックと和の融合”をここまで完璧に実践しているのが凄いですね。ボーカルも上手いですし、何より演奏力が高いですね。個々の実力が高いのはもちろんですが、それを“バンド”としてまとめているのが素晴らしいですね。
 

8. SNIPER / OVER THE SKY

 80年代半ば、“名古屋の至宝”と呼ばれたSNIPERの1stからの1曲です。この1st、実はライブアルバムであります。曲中に観客の声援が入っていないのでライブアルバムに思えないのですが、個人的には“スタジオテイク”のように聴くことができるので逆に良かったりします。ボーカルは個人的に好きなタイプのハイトーン、そしてギターのBURNYさんのテクニックが素晴らしいです。メジャーフィールドで活動して欲しかったと思います。
 
 来週は「HELLOWEEN」が登場します! 「music mania」終了後は引き続き、Midnight Bestです。

★ Midnight Best Vol.076 ON AIRリスト

アン・ルイス / WOMANISM BEST ('00年発表)

 放送時間は2時間28分。深夜ですが、頑張って聴いて下さると嬉しいです!

お知らせ:「エフエムもえる」のHPで「music mania」の番組紹介を聴くことができます。(6分間)
 アドレス http://garakuta.oops.jp/FMC/bangumi.htm#sat
      【ページのいちばん下であります】
以上!

「JCBAインターネットサイマルラジオ」

で番組が楽しめます!  
アドレス http://www.jcbasimul.com/radio/687/

 または、JCBAサイマル専用のスマートフォンアプリ「Radimo」をインストールして下さい。

放送局は  エフエムもえる です!

「music mania」は毎週土曜日23時~24時、引き続き24時から「Midnight Best」をお送りしております!(第5土曜日のみ22時~24時)

※「music mania」のみ再放送。毎週日曜日14時00分に放送開始