music mania ちばちゃん

9月25日(土)は23時より「第769回」の放送、9月26日(日)の14時からは「第765回」の再放送! おかげさまで15周年を迎えました。書き込みヨロシク!

第646回ON AIRリスト(①2019年3月16日放送 ②2019年6月9日放送)

 さて、今日は久しぶりに朝からゴロゴロ。先日購入した「昭和のプロレスラー名鑑」というムック本を読んだり、ネット検索で番組のネタを探したり。5月以降の特集ネタを見つけました(笑)。“自分が所有しているCDだけでネタを考える”というのは、たまに苦痛を伴います(笑)。

 今週、職場の机を少し整理しました。異動の準備です。あと2週間というのもありますが、もういらない書類が結構あったので、思い切って処分しました。かなりスッキリしました。

 ということで、

第646回放送の('19年3月16日・'19年6月9日)ON AIRリスト

★ HM/HR GUIDE for BIGINNERS
 1. ETERNAL TEARS OF SORROW / BHEAN SIDHE ('00年発表 3rd「CHAOTIC BEAUTY」)
 2. DREAMTIDE / EDEN ('03年発表 2nd「DREAMS FOR THE DARING」)
★ VISUAL ROCK LEGENDS
 3. EX-ANS / She made no Ans… ('90年発表 1st「Habit of Sex」)
★ BAND BOOM MEUSEUM
 4. 黒色エレジー / 花粉犯罪 ('93年発表 COMPILATION「ESODELIC MANIA」)
★ MINI SPECIAL of THIS WEEK
 5. 玉置成実 / Believe ('03年発表1st SINGLE)
 6. 石井竜也 / RIVER ('03年発表15th SINGLE)
★ MY FAVORITE SONG
 7. JACKSON 5 / I WANT YOU BACK ('69年発表 SINGLE)
★ JAPANESE HARD&HEAVY
 8. GARGOYLE / 人の為 ('92年発表 3rd「璞」)

 今回の“目玉”は、 黒色エレジー 花粉犯罪 。このバンドの楽曲を聴けるのは、この番組だけ(笑)。

1. ETERNAL TEARS OF SORROW / BHEAN SIDHE
 このバンドは僕がメロデスにハマった時期にBURRN!のレビューで日本デビュー盤となるこの3rdが好評価されていたのをキッカケに購入。聴いてみると「耽美なCOB」みたいで個人的には凄く気に入りましたね。それからは当然のごとく過去のアルバムを集めることに。1st、2ndともに輸入盤でしたが、1stを入手するのにかなり手こずり、海外のショップから購入しましたね。僕のコレクションで海外がら入手したのは彼等の1stのみ、ということもあって、ある意味、思い入れの深いバンドです。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903055524.jpg

 
2. DREAMTIDE / EDEN
 このバンドはFAIR WARNINGが解散状態に陥った後、ギタリストのヘルゲ・エンゲルケが結成したバンドであります。音楽性はFAIR WARNING直系のメロディアスハード。ヘルゲのスカイギターの音色も健在。楽曲もFAIR WARNING好きには満足の仕上がりかと思います。専任のキーボーディストがいることもあり、シンフォニックなアレンジも楽しめますね。人によっては「ボーカルが弱い」という意見もあると思いますが、この音楽性にはあっているのかなと思います。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903055057.jpg

 
3. EX-ANS / She made no Ans…
 エクスタシーレーベルの刺客、EX-ANS。メジャー進出バンドを多数輩出しているエクスタシーではありますが、中にはメジャーにたどり着かなかったバンドも。このEX-ANSもそのひとつであります。この1stだけを残しバンドは解散。ボーカルはちょっと弱いけど、ポジパンっぽさと耽美な雰囲気が気に入っていたバンドです。余談ですが、エクスタシーはメジャーデビューに至らず解散したバンドの音源はあっという間に廃盤にします。このEX-ANSの1stもあっという間だったな。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903054521.jpg

 
4. 黒色エレジー / 花粉犯罪
 黒色エレジー別冊宝島「バンドブームクロニクル」というムックで存在を知ったバンドです。“女性ボーカル”というのが気になり調べたところ、「発表した音源を1枚にまとめたアルバム」の存在を知り購入を決定。オークションで9800円という高値でした。これはオリジナリティーに溢れる面白いバンドでしたね。特にボーカル、KYOKOさんの変幻自在な歌唱は驚きでしたね。9800円の価値ありでした。ちなみに現在は2万円ほどの値で取り引きされているようです。余談ですが、「バンドブームクロニクル」というムック本はこのmusic maniaという番組を始めるキッカケになった本でもあります。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903054642.jpg

 
5. 玉置成実 / Believe
6. 石井竜也 / RIVER
 「ガンダムSEEDシリーズ音楽特集」3週目です。1曲目「Believe」はSEED第3期のオープニングテーマで玉置成実さんのデビュー曲です。当時14歳とは思えぬ堂々とした歌いっぷりで、歌唱力も高いと思います。作品を観ていた人はこの曲の歌詞に魅かれるのではないでしょうか。2曲目「RIVER」は第3期のエンディングテーマ曲。2期まではSee-Sawの「あんなに一緒だったのに」が使用されていたので、「エンディングは同じ曲なのかな」と思っていたところ、聴き慣れたカールスモーキーの声が流れてきた、という感じでした。やっぱこの人は歌唱力が高いね。この曲、歌詞が非常に秀逸です。苦しさを抱えた人の心情をストレートに描いた歌詞は結構胸にささりますね。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903054316.jpg

 
7. JACKSON 5 / I WANT YOU BACK
 先日、浜辺美波さん主演の「センセイ君主」のDVDを観たのですが、作品の最後で主題歌として使用されていたのがTWICEのこの曲のカバーでした。「この曲の原曲、ウチにあったはずだなあ」と探してみたところ、マイケル・ジャクソンのBOXセット「The ULTIMATE COLLECTION」の1曲目でした。このポップさが何となく“春”っぽかったのでチョイスしてみました。実は僕、ジャクソン5やジャクソンズの音源は持っていないので、ベスト盤でも購入しようかなと思っています。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903055229.jpg

 
8. GARGOYLE / 人の為
 この作品は1st「禊」2nd「檄」からのインディーズ三部作の最終作品。メジャー進出を蹴って、あえてインディーズで発表したところに彼等の拘りが感じられます。僕は初回盤で購入したのですが、ブックレットがでかくて今でも収納に困る作品であります(笑)。この楽曲、アルバム中では異色の“ファンクテイスト”の楽曲。最初聴いた時は「なんじゃこりゃ」と思ったのですが、何度か聴くうちにお気に入りの楽曲に。やっぱ、スラップベースがカッコイイです。今思えば後年、JAGATARAなんかをすんなり受け入れる事ができたのはこの楽曲の影響かも知れません。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903055910.jpg

 
 来週は「IMPELLITTERI」が登場します! 「music mania」終了後は引き続き、Midnight Liveです。

Midnight Live Vol.261 ON AIRリスト

JUDY AND MARY / 44982 VS 1650 Disc 1 & 2 ('99年発表)

 本日の放送時間は2時間07分。 深夜ですが、頑張って聴いて下さると嬉しいです(笑)!

以上!

「JCBAインターネットサイマルラジオ」で番組が楽しめます!  
アドレス  http://www.jcbasimul.com/

放送局はエフエムもえる】(北海道)
「music mania」は毎週土曜日23時~24時、
引き続き24時から「Midnight Live」をお送りしております!(第5土曜日のみ22時~24時)

※「music mania」のみ再放送。毎週日曜日14時00分頃に放送開始(前後します)