music mania ちばちゃん

7月24日(土)は23時より「第760回」の放送、7月25日(日)の14時からは「第756回」の再放送! 書き込みヨロシク!

第754回ON AIRリスト(①2021年6月12日放送 ②2021年7月11日放送)

 さて、昨日は日曜出勤の代休ということで、結果的に3連休になりました。午後から痛風の薬を処方してもらいにかかりつけの内科にいったのですが、休診のお知らせが。お知らせを読むと「先生がコロナワクチンの接種協力で」と書いてありました。ということで、今日の朝にもう一度行くはめに。7時半から病院の前で並んでしまいました。帰宅してからは庭の除草作業と花壇の土起こし。週末の天気がいつも悪くてやっと作業ができました。花壇には何を植えようかな?

 コロナ禍でファイターズ戦の観戦からしばらく遠ざかっております。もっぱらテレビかラジオでの応援となっておりますが、今年の戦い方が余りにもヒドイ! 監督の采配も謎、守備も打撃もサッパリ、いいところナシですね。特にキャッチャー清水、まったく成長が感じられません。もう見切っていいのかなと。来年はGM、監督も一新して欲しいところです。

 ということで、

第754回放送の(’21年6月12日・’21年7月11日)ON AIRリスト

HM/HR GUIDE for BIGINNERS

1. JUDAS PRIEST / FREEWHEEL BURNING ('84年発表9th「DEFENDERS OF THE FAITH」)
2. UNIVERSE INFINITY / CATCH OF MY LIFE ('18年発表1st「ROCK IS ALIVE」)

★ VISUAL ROCK LEGENDS

3. L'Arc-en-Ciel / 真実と幻想と ('96年発表7th「ark」)

★ BAND BOOM MEUSEUM

4. PEARL / Hey Kids Move ('87年発表1st「PEARL FIRST」)

★ MINI SPECIAL of THIS WEEK

5. サザンオールスターズ / 奥歯を食いしばれ ('79年発表2nd「TENナンバーズ・からっと」)
6. サザンオールスターズ / ラチエン通りのシスター ('79年発表2nd「TENナンバーズ・からっと」)

★ MY FAVORITE SONG

7. 吉川晃司 / You Gotta Chance -ダンスで夏を抱きしめて- ('85年発表4th SINGLE)

★ JAPANESE HARD & HEAVY

8. BLINDMAN / Prison Of My Mind ('01年発表3rd「BLINDMAN」)

 今回の目玉は、BLINDMANのPrison Of My Mind。個人的にはかなりの“掘り出し物”でした。

1. JUDAS PRIEST / FREEWHEEL BURNING

 前作「SCREAMING FOR VENGEANCE」を英国のみならず、米国でも大ヒットさせた彼等が前作の勢いそのままに、さらにパワフルかつ叙情的に仕上げたアルバムです。ファンの間では前作と並んで高評価を受ける作品ですね。僕もPRIESTの代表作と言えば8thか9thだと思います。アルバムトータルの充実度と言えばこちらに軍配が挙がるかな。この楽曲はアルバムのオープニングを飾る楽曲で、“正統派”のメタルでは当時、最も攻撃的な楽曲のひとつではなかったでしょうか。メタルファンならば避けては通れない作品だと思います。f:id:maniachibachang:20191020060535g:plain
 

2. UNIVERSE INFINITY / CATCH OF MY LIFE

 スウェーデン出身のバンドであります。このバンドの母体は、85年にアルバム1作を残し解散したUNIVERSEというバンドであります。当時、日本盤ではアルバムが発売されなかったのですが、北欧メタルファンから絶賛された、と紹介されておりました。私はディスクガイドで存在を知ったのですが、調べてみると18年にUNIVERSE INFINITYとして再結成しアルバムを発表している、とのことで、早速購入してみました。それがこの作品。再結成作は“北欧メタル”というより“様式美”の香りがする“メロディアスハード”といった作風でしたね。ただ、これが自分的には非常に好きな路線でした。f:id:maniachibachang:20191020052642g:plain
 

3. L'Arc-en-Ciel / 真実と幻想と

 97年秋に活動を再開した後の彼等は一般層にも人気が浸透し、シーンを席巻します。98年にはシングル3作、シングル2作同時発売、チャート1、2位独占、そして99年にはアルバム2作同時発売でチャート1、2位独占、ミリオンセールス連発、と音楽シーンのトップに躍り出ます。セールスではLUNA SEAよりも完全にこちらが上でしたね。今日の楽曲はアルバム2作同時発売の1作からお送りしてみました。作詞したボーカルのhydeが「楽曲を初めて聴いた時、異国の雰囲気を感じた」ということで、歌詞にアラブの文化圏で使われる単語が使用されています。f:id:maniachibachang:20190914151722g:plain
 

4. PEARL / Hey Kids Move

 90年代にソロでヒットを飛ばした田村直美さんがデビューしたバンドであります。87年デビューですが、高校時代の僕は完全にスルーしていた、というか存在を認識していなかったと思います。そんな訳で、PEARLを初めて聴いたのは田村さんがソロでブレイクした後、96年頃でしたね。やっぱり、この頃から田村さん歌うまいわ。また、バンドとしてもとてもカッコイイです。高校時代に聴いていたら結構ハマったかも知れません。f:id:maniachibachang:20190914151704g:plain
 

5. サザンオールスターズ / 奥歯を食いしばれ
6. サザンオールスターズ / ラチエン通りのシスター

 さて、“初期の”サザンオールスターズ特集、2週目です。この2ndは「いとしのエリー」などヒットシングル3曲が収録された作品です。しかし、この時期100本近くのライブや、テレビ出演などで多忙になったこともあって、レコーディングに充分な時間をかけられなかったこともあって、アルバムの完成度は正直高くはないと思います。桑田さん本人も出来に納得がいかなかったのか「いちばん嫌いなアルバム」と公言しております。2曲目「ラチエン通りのシスター」は原由子さんの恋敵に関する歌だそうです。ファンの間では人気の1曲となっております。f:id:maniachibachang:20190914151350g:plain
 

7. 吉川晃司 / You Gotta Chance -ダンスで夏を抱きしめて-

 「大村雅朗先生アレンジ集」7週目、吉川さん初のチャート1位獲得曲で、3週連続1位を獲得した楽曲です。これまでに紹介した大村アレンジの楽曲と比較してかなり派手なアレンジとなっていますね。自身主演の同名映画の主題歌でありました。ちなみに映画のサウンドトラックが大村先生“初”のプロデュース作品となります。ちなみにこのシングル、B面の「Rainy Lane」というバラードも素晴らしいです。もちろん大村先生のアレンジです。f:id:maniachibachang:20190914151401g:plain
 

8. BLINDMAN / Prison Of My Mind

 インディーズでフルアルバム2枚、ミニアルバム1枚、ライブアルバム1枚を発表していた彼等の“満を持しての”メジャーデビュー作品であります。日本のメロディアスハードロックとしてはかなりのレベルの作品だと思います。レビューでは「初期WHITESNAKEが好きなら…」とかありましたが、そこまでブルージーではありません。強いて言えば、ボーカル高谷さんの声がカヴァデールを彷彿とさせる、というところでしょうか。メインソングライターのギタリスト、中村さんのメロディーセンスの良さに魅かれますね。また、ギタープレイに関しても“センスの良さ”が感じられます。f:id:maniachibachang:20190914151510g:plain
 
 来週は「AEROSMITH」が登場します! 「music mania」終了後は引き続き、Midnight Bestです。

★ Midnight Best Vol.023 ON AIRリスト

B’z / B'z The Best “Pleasure”('98年発表) B'z The Best “Treasure”('98年発表)

 放送時間は2時間07分。深夜ですが、頑張って聴いて下さると嬉しいです(笑)!

以上!

「JCBAインターネットサイマルラジオ」

で番組が楽しめます!  
アドレス http://www.jcbasimul.com/radio/687/

 または、JCBAサイマル専用のスマートフォンアプリ「Radimo」をインストールして下さい。

放送局は  エフエムもえる です!

「music mania」は毎週土曜日23時~24時、引き続き24時から「Midnight Best」をお送りしております!(第5土曜日のみ22時~24時)

※「music mania」のみ再放送。毎週日曜日14時00分に放送開始