music mania ちばちゃん

5月28日(土)は23時より「第804回」の放送、5月29日(日)の14時からは「第800回SP」の再放送! おかげさまで15周年を迎えました。書き込みヨロシク!

第326回ON AIRリスト(①2013年1月5日放送 ②2013年4月14日放送)

 明けましておめでとうございます! 今年も変わり映えのしない番組ですが「独自のセンス」で続けて行きますのでよろしくお願いいたします。

 さて、ここ留萌では新年早々、稀にみる大雪に見舞われました。「生まれて初めて」というくらいの大雪でしたので除雪作業も大変でした。もうグッタリです。

 ちなみに、今年初めて聴いた作品はGASTUNK「EARLY SINGLES」。やっぱり熱くなります!

 ということで、

第326回放送の(’13年1月5日・’13年4月14日)ON AIRリスト

★ HM/HR GUIDE for BIGINNERS
 1. IRON MAIDEN / 2 MINUTES TO MIDNIGHT ('85年発表 5th「POWERSLAVE」)
 2. IN FLAMES / BEHIND SPACE '99 ('99年発表 4th「COLONY」)
★ VISUAL ROCK LEGENDS
 3. the GazettE / 歪 ('12年発表 6th Full「DIVISION」)
★ BAND BOOM MEUSEUM
 4. THE MAD CAPSULE MARKET'S / マスメディア ('92年発表 3rd「SPEAK!!!!」)
★ MINI SPECIAL of THIS WEEK
 5. ZARD / もう探さない ('91年発表3rd SINGLE)
 6. ZARD / 眠れない夜を抱いて ('92年発表4th SINGLE)
★ MY FAVORITE SONG
 7. オフコース / さよなら ('79年発表 17th SINGLE)
★ JAPANESE HARD&HEAVY
 8. SEX MACHINEGUNS / さよなら。まぼろし。 ('01年発表 9th SINGLE「大漁」)

 今回の“目玉”は、オフコースさよなら。僕が小2の時の曲です。当時、ラジオでよく耳にしましたね。小田さん、声がまったく変わらないなあ。

1. IRON MAIDEN / 2 MINUTES TO MIDNIGHT
 毎年「新年一発目はガツンと!」と意気込むのですが、今年は「基本に返ってみよう!」と選んだのがメイデンのこの曲です。この曲はアグレッシヴさとメロディアスさ、そして何よりも躍動感の溢れる楽曲ではないでしょうかね。僕がメタル初心者に「メタルってどんな感じ?」と聞かれたら、迷わずメイデンの楽曲を聴かせますね。やっぱりメタルの基本はメイデンでしょうな。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903045553.jpg

 
2. IN FLAMES / BEHIND SPACE '99
 正統派メタルの基本がメイデンならば、メロデスの基本はこのIN FLAMESではないでしょうかね。僕はこの作品が発売された99年からこの手のジャンルに手を伸ばしたのですが、最初に聴いたのがこの楽曲が収録されているアルバムでした。非常にカッコ良くて衝撃を受けましたね。“デス声”というのが全く気になりませんでしたもの。それほどまでに演奏が素晴らしい。この曲は元々、1stの1曲目に収録されていたものを当時のメンバーでセルフカバーしたものです。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903045722.jpg

 
3. the GazettE / 歪
 今日は攻撃的な曲が続きます。彼等は最初の音源を発表してからもう10年が経つベテランといっていいバンドです。レビューでは「昔の方が良かった」とか「進化の仕方が素晴らしい」など賛否が分かれた作品でしたが、私はそれほど聴き込んでいないリスナーなので、単にこの曲だけを聴いて「いいじゃん」と思いました。ある意味V系の王道サウンドですかね。ベテランならではの演奏力も素晴らしいと思います。ところでV系バンドの商法で気になることが、付加価値を変えてAタイプ、Bタイプなどと販売する商法。ファンはお金が掛かってしょうがないと思います。作品の中身だけで勝負して欲しいな。今の時代ではムリか? https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903050827.jpg

 
4. THE MAD CAPSULE MARKET'S / マスメディア
 タイトルからも判るとおりマスメディアへの批判や皮肉を歌った曲です。元々はパンクロックバンドでしたが、この頃よりデジロック的なアプローチを試みています。彼等はYMOをフェイバリットに挙げている程なので、そういうアプローチもある意味自然な事だったのかも知れませんね。日本におけるミクスチャーの先駆けであるバンドですが、この時期の作品は廃盤みたいで結構高値で取引されているみたいです。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903050739.jpg

 
5. ZARD / もう探さない
6. ZARD / 眠れない夜を抱いて
 今日は「大ブレイク以前の楽曲」ということで選曲してみました。1曲目「もう探さない」はドラマ主題歌にもなった楽曲ですが最高位39位と不発。2曲目「眠れない夜を抱いて」は彼女の出世作になります。デビュー作以来のトップ10入りを果たした楽曲。この曲のリリースでは後の彼女の活動からは信じられませんが、7度のテレビ出演を果たしております。2曲とも作詞は坂井さん、作曲は織田さんというゴールデンコンビ。2、3年後に発表されていたならばビッグヒットだったでしょうね。もう20年以上前の楽曲ということで時代を感じてしまいます。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903044831.jpg

 
7. オフコース / さよなら
 僕が小2の冬、ラジオで毎日のように流れていた記憶があります。当時、ニューミュージック勢はテレビ出演を嫌っていたので、オフコースもテレビで拝見することはできませんでしたね。この曲は小田和正さんが「今まで以上に売れることを意識してかいた」というだけあって、オフコースにとって初のミリオンセラーの曲になりました。この曲は30年以上前の曲ですが小田さんって歌声が全然衰えませんね。凄いの一言です。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903044322.jpg

 
8. SEX MACHINEGUNS / さよなら。まぼろし
 攻撃的でメロディアスで疾走感のある楽曲。これぞマシンガンズって感じですね。僕は個人的にジャパニーズメタル初心者は邪道ではあるかも知れませんがこのバンドから入るのもアリかなと考えます。歌詞はともかく、彼等の楽曲やテクニックに興味が湧けば自然とジャパメタの世界に入ってくるかなと。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maniachibachang/20190903/20190903050142.jpg


来週は台湾から注目のバンドが初登場!

以上!