music mania ちばちゃん

5月28日(土)は23時より「第804回」の放送、5月29日(日)の14時からは「第800回SP」の再放送! おかげさまで15周年を迎えました。書き込みヨロシク!

第774回ON AIRリスト(①2021年10月30日放送 ②2021年11月28日放送)

 本日は3ヶ月ぶりの第5土曜ということで、「music mania hyper」をお送りします。放送開始は22時!

 3ヶ月前のブログを読むと「花火大会に施設の入所者を引率者として連れて行きます」とありました。そう、とても暑い日でしたね。それが、今ではめっきりと冷え込むようになりました。季節の移り変わりを感じますね。

 さて、明日は総選挙の投開票日です。私は仕事柄、「選挙事務」というのがありますが、今回は開票事務のみということで、夜からの仕事となります。正直、投票事務の担当より体力的には楽ですね。ただ、明日の帰宅は深夜かな(笑)。

 読書の秋、ということで今、「作編曲家 大村雅朗の軌跡 1951-1997」を読み返しています。昔は“アレンジャー”に注目して音楽を聴いていませんでしたから、「あ、この曲も大村さんアレンジだったんだ」と気付きます。小さい頃から好きだった楽曲が実は“大村アレンジ”という楽曲がいくともあります。偉大なアレンジャーでしたね。

ということで、

第774回放送第1部の(’21年10月30日・’21年11月28日)ON AIRリスト

★「44MAGNUM 80s HISTORY

1. 44MAGNUM / I'M ON FIRE ('83年発表1st「DANGER」)
2. 44MAGNUM / NO STANDING STILL ('83年発表1st「DANGER」)
3. 44MAGNUM / STREET ROCK'N ROLLER ('84年発表 2nd「STREET ROCK'N ROLLER」)
4. 44MAGNUM / NIGHTMARE ('84年発表 2nd「STREET ROCK'N ROLLER」)
5. 44MAGNUM / HOLY ANGEL ('85年発表 3rd「ACTOR」)
6. 44MAGNUM / HIGH SCHOOL UPROAR ('85年発表 3rd「ACTOR」)
7. 44MAGNUM / IT'S RAINING ('87年発表 4th「LOVE or MONEY」)
8. 44MAGNUM / DANCING WITH YOUR LOVE ('87年発表 4th「LOVE or MONEY」)
9. 44MAGNUM / DON'T YOU WANT ME ('88年発表 5th「EMOTIONAL COLOR」)
10. 44MAGNUM / JUST SAY GOOD-BYE ('88年発表 5th「EMOTIONAL COLOR」)
11. 44MAGNUM / TAKE ME TO YOUR HEART ('89年発表「STILL ALIVE」)
12. 44MAGNUM / TOO VAIN ('89年発表「STILL ALIVE」)
13. 44MAGNUM / SATISFACTION ('83年発表 1st「DANGER」)

 このように発売順に聴くと、やっぱり4thでの音楽性の変化は衝撃的かなと思います。ただ、今改めて聴くと4th、5thの楽曲もメタルではありませんが、なかなかのモノではなかったかな。f:id:maniachibachang:20190914151800g:plain

 さて、いつもどおりの第2部です。

第774回放送第2部の(’21年10月30日・’21年11月28日)ON AIRリスト

HM/HR GUIDE for BIGINNERS

1. RAINBOW / CAN'T LET YOU GO ('83年発表 7th「BENT OUT OF SHAPE」)
2. RACER X / LADY KILLER ('87年発表 2nd「SECOND HEAT」)

★ VISUAL ROCK LEGENDS

3. MASCHERA / PRETTY NEUROSIS ('96年発表 Mini「PRETTY NEUROSIS」)

★ BAND BOOM MEUSEUM

4. SOFT BALLET / TWIST OF LOVE -Acoustic Version- ('90年発表 2nd「DOCUMENT」)

★ MINI SPECIAL of THIS WEEK

5. 氷室京介 / STAY ('98年発表 BEST「Collective SOULS」)
6. 氷室京介 / JEALOUSYを眠らせて ('98年発表 LIVE「THE ONE NIGHT STANDS TOUR “COLLECTIVE SOULS”1998」)

★ MY FAVORITE SONG

7. 久宝留理子 / 薄情 ('94年発表 10th SINGLE)

★ JAPANESE HARD & HEAVY

8. Mardelas / Deception ('18年発表3rd「Mardelas Ⅲ」)

 第2部の目玉はRAINBOWCAN'T LET YOU GO! 個人的には名曲です!

1. RAINBOW / CAN'T LET YOU GO

 リッチー・ブラックモア率いるRAINBOWのラストアルバム(再結成後を除く)からの1曲です。個人的には名曲のひとつですね。RAINBOWに関しては「ロニー在籍時しか認めない!」というファンも多いと思いますが、僕はポップになった「後期RAINBOW」も認めるファンであります。アルバム単位で考えるとこのラストアルバムは歴代でも1、2を争う完成度かなと。リッチーの曲づくりとジョーの歌メロセンスのケミストリー、という感じですかね。“メロディアス・ハード”の名盤ですね。f:id:maniachibachang:20190914151859g:plain
 

2. RACER X / LADY KILLER

 ギタリスト、ポール・ギルバートがMR.BIG結成前に在籍していたのがこのRACER X。1stでは典型的な「速弾きギタリストが在籍しているメタルバンド」のような音だったのですが、「もうひとりの速弾きギタリスト」ブルース・ブイエが加入した2ndでは“高速ツインギター”が実現。こんなバンド、なかなかいないですよ。ポールがMR.BIG脱退後にRACER Xは再結成しますが、ブルース・ブイエが不参加ということあって、2nd時のような驚きはなくなりましたね。この2nd、唯一の欠点は音質が非常に良くないことですかね(笑)。f:id:maniachibachang:20190914151825g:plain
 

3. MASCHERA / PRETTY NEUROSIS

 当時のV系インディーズシーンでは“演奏力が高い評価を受けていたバンド”として有名でありました。プロダクションのせいもあって、上手く聴こえないかも知れませんが、確かな演奏力だと思います。ボーカルも非常に良いですね。メジャー進出後に「デジロック路線」になるので、純粋な「バンドの音」を楽しむのはこの時期の音でしょうね。僕が最初に購入した彼等の作品がこの「PRETTY NEUROSIS」でした。彼等の音源に関してはこの他のインディーズ音源を集めるのに苦労しましたね。コンプリートの苦労は我が家ではこのバンドが一番ですf:id:maniachibachang:20190914151806g:plain
 

4. SOFT BALLET / TWIST OF LOVE -Acoustic Version-

 SOFT BALLETはインディーズでの所属レーベルがB-Tと同じ「太陽レコード」ということと、友人M君に聴かせてもらった「BODY TO BODY」のカッコ良さで購入を決めたバンドですね。彼等のような「テクノを当たり前に聴いてきた世代の作り出す音楽」は衝撃的でしたね。この時期までのSOFT BALLET森岡さんのキャッチーさと藤井さんの過激さのバランスが丁度良かったのですが、作品を重ねるごとに藤井色が強くなっていった気がします。個人的には森岡さんのメロディーセンスが気に入っています。f:id:maniachibachang:20190914151704g:plain
 

5. 氷室京介 / STAY
6. 氷室京介 / JEALOUSYを眠らせて

 さて、「氷室京介特集」5週目です。BEST「Collective SOULS」は「ソロ活動10周年」の節目に制作され、レーベル移籍後の楽曲を中心に収録された作品です。改めて聴くと、シングル楽曲の質の高さに驚きます。この「STAY」はヒムロックらしさに溢れた個人的にもお気に入りの楽曲です。LIVE「THE ONE NIGHT STANDS TOUR “COLLECTIVE SOULS” 1998」は7th「I・DE・A」に参加したギタリスト、ティーヴ・スティーヴンスが参加したツアーから横浜スタジアムでのライブを収録した作品です。氷室京介というアーティストはやっぱり「ライブ」が魅力的だと改めて感じることができる作品になりました。「JEALOUSYを眠らせて」は彼のすべてのベストアルバムに収録されている代表曲です。ただ、オリジナルバージョンが収録されているアルバムは「SINGLES」のみであります。f:id:maniachibachang:20190914151814g:plain
 

7. 久宝留理子 / 薄情

 前作シングル「男」がカメリアダイモンドのCMに起用されブレイクした久宝さん。僕も「男」で初めて彼女の楽曲を知ったクチであります。その時点でデビューから3年半が経過していました。この楽曲は「男」に引き続き伊秩弘将さんの作曲で、彼女初のベストアルバム「rough cut diamond」の先行シングル曲でありました。歌詞は彼女自身であります。こういう“強気な女性”の歌詞、個人的に凄く好きですね。f:id:maniachibachang:20190914151401g:plain
 

8. Mardelas / Deception

 元DESTROSEのボーカル、蛇石マリナが率いるMardelas。特徴的なマリナさんの歌唱が“かなりノーマル”になった感じがしました。そんな彼女の歌唱を前面に出した作品だと思います。ただ、バックの演奏はかなりハードに仕上がっているので、演奏をもっと前面に出しても面白かったかな。この3rdは「新宿歌舞伎町」をテーマにしたコンセプトアルバム、ということでしたが、正直、ピンとこない(笑)。もっとストレートで攻めても良かったかな。ただ、“質”としてはかなりの水準な作品だと思います。f:id:maniachibachang:20190914151357g:plain
 
 さて、次回は「ACCEPT」が登場します! 「music mania hyper」終了後は引き続き、Midnight Bestです。

★ Midnight Best Vol.043 ON AIRリスト

永井真理子 / 大好き ('89年発表)・Pocket ('90年発表)

 放送時間は1時間45分。「~hyper」から4時間弱のお付き合いですが(笑)、頑張って聴いて下さると嬉しいです!
以上!

「JCBAインターネットサイマルラジオ」

で番組が楽しめます!  
アドレス http://www.jcbasimul.com/radio/687/

 または、JCBAサイマル専用のスマートフォンアプリ「Radimo」をインストールして下さい。

放送局は  エフエムもえる です!

「music mania」は毎週土曜日23時~24時、引き続き24時から「Midnight Best」をお送りしております!(第5土曜日のみ22時~24時)

※「music mania」のみ再放送。毎週日曜日14時00分に放送開始です。