music mania ちばちゃん

9月25日(土)は23時より「第769回」の放送、9月26日(日)の14時からは「第765回」の再放送! おかげさまで15周年を迎えました。書き込みヨロシク!

第757回ON AIRリスト(①2021年7月3日放送 ②2021年8月1日放送)

 さて、一昨日の夜から右足が痛い。きた。痛風発作だ。検査の尿酸値の値も非常に良かったのに、なぜだ? とは思ったが、発症したのは事実。足がかなり痛いけど、出勤はしました。ウチの職場は「広い」ので、内部で移動するとき、かなり歩かないといけません。昨日は移動の回数が多くてかなりつらかったですが、何とか乗り切りました。今日、明日で何とか少し痛みが引けば良いのですが…。ということで、今日はゆっくり過ごしたかったのですが、朝から町内会の「ごみステーションの塗装」があって、かなりこたえました。午後からはやっと休息。なるべく、歩かないようにしたいのですが、なかなかそうはいかないものです。

 ということで、

第757回放送の(’21年7月3日・’21年8月1日)ON AIRリスト

HM/HR GUIDE for BIGINNERS

1. IN FLAMES / THE JESTER RACE ('96年発表2nd「THE JESTER RACE」)
2. ANGRA / NOTHING TO SAY ('96年発表2nd「HOLY LAND」)

★ VISUAL ROCK LEGENDS

3. Due'le quartz / 非合法ドラッグ ('01年発表EP「Dear...from xxx」)

★ BAND BOOM MEUSEUM

4. FAIRCHILD / ラブ・シックは好き ('89年発表3rd SINGLE)

★ MINI SPECIAL of THIS WEEK

5. サザンオールスターズ / DJ・コービーの伝説 ('82年発表5th「NUDE MAN」)
6. サザンオールスターズ / Oh! クラウディア ('82年発表5th「NUDE MAN」)

★ MY FAVORITE SONG

7. CHAGE & ASKA / 万里の河 ('80年発表3rd SINGLE)

★ JAPANESE HARD & HEAVY

8. BAD MESSIAH / Steady Dog ('90年発表1st「GOLDEN SEEDS」)

 今回の目玉は、ANGRAのNOTHING TO SAY。“ブラジル”を感じることのせきるメタルです!

1. IN FLAMES / THE JESTER RACE

 この2ndからボーカルがミカエル・スタンネからアンダース・フリーデンにチェンジします。結局はダーク・トランキュリティーとボーカルのトレードを行ったカタチになりました。1stと比較するとより正統派メタルに近付いた音とルーツであるスウェディッシュフォークの影響が強く感じられる作品です。初期の彼等の作品では最もメロディアスな作品かも知れません。「叙情デスとは何か?」という問いに「これだ!」と答えられる作品ですね。後に彼等は北米に進出し、メタルコアへ大きな影響を与えました。僕がメロディックデスに出会って22年、最初に彼等の音を聴いた時の衝撃は忘れませんね。「こんなカッコイイ音楽があったのか!」という驚き。f:id:maniachibachang:20190914151715g:plain
 

2. ANGRA / NOTHING TO SAY

 ブラジルを代表するバンドですね。1stでは「メロディックメタルとクラシックの融合」と「ブラジル民族音楽」のエッセンスを少々、といった感じの音だったのですが、この2ndでは「ブラジル民族音楽」のエッセンスがかなり多い作品となりました。ブラジリアンビートやサンバのリズムを取り入れた個性的な音となり、これによって、「ANGRAの音」が確立された感じですね。正直、1stの路線が好きだったファンにはちょっと取っ付きにくい作品かも知れませんが、プログレ風の音が好きなファンのウケは良いかなと思います。f:id:maniachibachang:20190914151859g:plain
 

3. Due'le quartz / 非合法ドラッグ

 この番組では「ボーカルが下手なバンドの代表格」みたいな紹介をする彼等ですが、この楽曲に関してはまだ聴ける方ですね(笑)。僕が彼等の音源を集めることになったのは、現在はソロで活動中のMIYABIがメインコンポーザーで在籍していたバンド、ということと、当時インディーズで絶大な人気を誇り、後期にはアジアでも多くのファンに支持された、という紹介文からでした。活動期間が短かったせいか、音源もそれ程多くなく、すんなりと集めることができたのですが、曲を聴いてビックリ、「なんだ、このボーカル」と思ったのは言うまでもありません。「あー、音を聴いてからにすれば…」と後悔しましたね(笑)。ただ、この番組のネタ提供には大いに役立っていますね。f:id:maniachibachang:20190914151822g:plain
 

4. FAIRCHILD / ラブ・シックは好き

 個人的にYOUさんが好きなので、活動当時から気になっていたバンドなのですが、きちんと聴いたのは今年に入ってからです。SHI-SHONENというテクノポップバンドに在籍していた戸田誠司がSHI-SHONENを再始動させるためにYOUを誘って結成されたのがこのFAIRCHILD。そんなこともあって、活動初期はテクノポップでしたが、徐々にポップスに移行しました。この曲はそんな境目の時期の楽曲かな。実は富田靖子主演のドラマ「ヘイ!あがり一丁」の主題歌でした。f:id:maniachibachang:20190914151707g:plain
 

5. サザンオールスターズ / DJ・コービーの伝説
6. サザンオールスターズ / Oh! クラウディア

 さて、“初期の”サザンオールスターズ特集、5週目です。82年、しばらくテレビから遠ざかっていた彼等が、「シングルヒットを狙おう」「テレビに出まくろう」などの目標を立てた年でした。前年までの方針から180度方針転換です。いきなり「チャコの海岸物語」が大ヒット、続く「匂艶THE NIGHT CLUB」もヒット、そんな時期に発表されたのがこの作品です。「DJ・コービーの伝説」は小林克也氏への憧憬を表したナンバーで、アルバムのオープニング曲であります。「Oh! クラウディア」はファンからの人気も高いこのアルバムを代表するバラード曲です。f:id:maniachibachang:20190914151704g:plain
 

7. CHAGE & ASKA / 万里の河

 さて、アレンジャー特集、最後は瀬尾一三先生となります。この曲は僕が小3の頃の楽曲ですね。当時、すごく好きな曲だった記憶があります。今思うとメロディーが凄く良かったのかな。あと、飛鳥さんの歌唱に凄く“熱さ”を感じましたね。もちろん、当時は瀬尾さんのアレンジだとは気付きませんでしたが、インパクトのある音使いのアレンジですね。ちょっとチャイナを感じるところがアレンジの妙ですね。このアレンジで単純な“フォーク”になりませんでしたね。f:id:maniachibachang:20190914151806g:plain
 

8. BAD MESSIAH / Steady Dog

 デビュー当時から存在を知っていたバンドですが、つい最近になって音を聴いたバンドです。とても骨太なハードロックを演奏するバンドですね。当時はもっとキャッチーな音を出すバンドだと勝手に想像していたので意外でしたね。ボーカルの馬淵さんの声がとてもカッコイイです。メジャー進出以降、ハードロックに留まらず、かなり幅広いサウンドに挑戦しアルバム4枚を残すのですが、セールス面では成功は収められませんでした。f:id:maniachibachang:20190914151510g:plain
 
 来週は「IRON MAIDEN」が登場します! 「music mania」終了後は引き続き、Midnight Bestです。

★ Midnight Best Vol.026 ON AIRリスト

Janne Da Arc / SINGLES ('03年発表) ANOTHER SINGLES ('03年発表)

 曲順は編集しております。放送時間は2時間32分。深夜ですが、頑張って聴いて下さると嬉しいです!

以上!

「JCBAインターネットサイマルラジオ」

で番組が楽しめます!  
アドレス http://www.jcbasimul.com/radio/687/

 または、JCBAサイマル専用のスマートフォンアプリ「Radimo」をインストールして下さい。

放送局は  エフエムもえる です!

「music mania」は毎週土曜日23時~24時、引き続き24時から「Midnight Best」をお送りしております!(第5土曜日のみ22時~24時)

※「music mania」のみ再放送。毎週日曜日14時00分に放送開始