music mania ちばちゃん

9月25日(土)は23時より「第769回」の放送、9月26日(日)の14時からは「第765回」の再放送! おかげさまで15周年を迎えました。書き込みヨロシク!

第746回ON AIRリスト(①2021年4月17日放送 ②2021年5月16日放送)

 さて、今日は職場で使用する「ワークチェア」を探しに滝川市ニトリへ。就職して29年、これまでは職場の備品の椅子を使っていましたが、「安くて、座り心地が良いものを自分で買ってみよう!」と思い、購入することに。事前にネットで調べて目星は付けていたのですが、実際に店舗で座り心地を確認して決定。税込みで8千円なのでお手頃価格でした。3日程で届くそうです。椅子を替えたところで仕事がはかどる訳ではありませんが(笑)、「気分も新たに」仕事ができそうです。

 新しい部署に移って2週間、環境は前と違ってとても良く(笑)、今のところストレスフリーの状態です。ま、これからいろいろな課題が出ると思いますが、職場の人間関係が良いのでなんとかなるかなと思います。唯一の問題は“午後の西日”。これが強烈で、暑がりの私にはちょっとキツイかな(笑)。

 ということで、

第746回放送の(’21年4月17日・’21年5月16日)ON AIRリスト

HM/HR GUIDE for BIGINNERS

1. OZZY OSBOURNE / SHOT IN THE DARK ('86年発表4th「THE ULTIMATE SIN」)
2. SINERGY / MIDNIGHT MADNESS ('00年発表2nd「TO HELL AND BACK」)

★ VISUAL ROCK LEGENDS

3. ZI:KILL / 少年の詩 ('91年発表3rd「DESERT TOWN」)

★ BAND BOOM MEUSEUM

4. VELVET PAW / Soarer ('90年発表2nd「SIGN」)

★ MINI SPECIAL of THIS WEEK

5. THE STREET SLIDERS / TOKYO JUNK ('84年発表3rd「JAG OUT」)
6. THE STREET SLIDERS / Let's go down the street ('85年発表4th「夢遊病」)

★ MY FAVORITE SONG

7. 南野陽子 / 楽園のDoor ('87年発表6th SINGLE)

★ JAPANESE HARD & HEAVY

8. FEEL SO BAD / 愛されたい YEAH,YEAH ('94年発表1st「AFFECT on your brain」)

 今回の目玉は、ZI:KILL少年の詩。歌詞が胸に染みます!

1. OZZY OSBOURNE / SHOT IN THE DARK

 邦題は「暗闇にドッキリ」という何とも気の抜けたタイトルであります。ギタリスト、ジェイク・E・リーが参加して2作目となる作品です。セールス的には大成功でしたが、そのポップさからファンの間では評価が割れる作品となっております。僕はこの作品に関しては「支持派」であります。ジェイクのギタープレイは素晴らしいですし、良質な楽曲が揃っていると思います。確かにオジーの過去の作品と比較するとポップではありますが、アルバム単品で評価すると高い完成度だと思います。86年という時代を考えると、メタルシーンでビッグセールスを狙うのであれば、この方向性は必然だったと思いますね。f:id:maniachibachang:20190914151722g:plain
 

2. SINERGY / MIDNIGHT MADNESS

 このSINERGYは女性ボーカリストキンバリー・ゴスと先頃亡くなったCOBのアレキシ・ライホらで結成されたバンドであります。僕が彼等のアルバムを聴くキッカケになったのは1stでアレキシとIN FLAMESのイエスパー・ストロムブラードが参加していたからです。丁度、COBとIN FLAMESを聴き始めた頃だったので。COBとは違って、ストレートなメタルを聴かせてくれます。アレキシの高度なギタープレイ、メロディーメイカーとしての素晴らしさが遺憾なく発揮されています。とにかく楽曲が良く、バラードも絶品でしたね。アルバム3作で自然消滅したのが勿体なかったですね。f:id:maniachibachang:20190914151711g:plain
 

3. ZI:KILL / 少年の詩

 この作品がメジャーデビュー作になります。インディーズで記録になるほどのセールスを挙げて、鳴り物入りでデビューといった感じでしたね。この作品ではインディーズ時代のような“ポジパン臭”はほぼ皆無になった印象です。楽曲はほとんどがボーカルのTUSKとギターのKENのコンビで作られていますが、この作品に関してはTUSKの色が濃いように思われます。同世代のバンドの中では“歌詞”が抜群に良かったバンドだったと思います。振り返れば、ZI:KILLはアルバム毎に音楽性が変化していたように思えます。個人的にはこの3rdの音楽性が好きですね。ちなみにドラムは現ラルクYUKIHIROさんです。f:id:maniachibachang:20190914151859g:plain
 

4. VELVET PAW / Soarer

 VELVET PAWは5人組のガールズバンドであります。基本的にはガールズバンドでは珍しいプログレバンドなのですが、メジャー進出にあたり、一般層にもとっつきやすい“プログレを感じさせない”楽曲を並べたように思えました。この2ndも音楽性では1stを踏襲し、聴きやすい楽曲が多いのですが、アルバムラストに“プログレ楽曲”を配置しました。しっかり変拍子を入れてくるところなんかは流石ですね。演奏力も確かですし、ルックスも悪くない(笑)。個人的には一般層にはウケないと思いますが、“プログレ曲オンリー”のアルバムを作って欲しかったバンドですね。f:id:maniachibachang:20190914151700g:plain
 

5. THE STREET SLIDERS / TOKYO JUNK
6. THE STREET SLIDERS / Let's go down the street

 さて、THE STREET SLIDER特集、2週目です。3rd「JAG OUT」は初期スライダーズの集大成、と言った感じの作品ですかね。前作までのブルーズ色というか泥臭さが抑え気味で、ストレートな楽曲が多く初心者にも聴きやすい作品かなと思います。4th「夢遊病」は初のロンドンレコーディング作品です。一般的には“地味な作品”と言われており、後年発表されるベストアルバムにはこの作品からは1曲も収録されなかった、という作品です。ただ、ギターのカッティングで始まる「Let's go down the street」のような“新境地”を切り開いた作品かなと思います。僕が彼等に最初に抱いた印象、「気怠いロックンロールバンド」を最も表現しているのはこの作品かな。f:id:maniachibachang:20190914151655g:plain
 

7. 南野陽子 / 楽園のDoor

 「萩田光雄先生アレンジ集」7週目です。萩田先生が「これまで最も楽しかったプロジェクト」と語っていたのが南野さんとの仕事であります。86年の1stから89年末まで、彼女の全作品の8割方のアレンジを手掛けていたのが萩田先生であります。僕が中高生時代に大好きだった彼女の作品は萩田アレンジだったという事実を最近知りました。この楽曲、作曲が来生たかおさんで、彼女にとって初のチャート1位獲得作品となりました。僕の中学卒業直前の楽曲です。ナンノちゃんは当時は一番好きなアイドルでしたね。f:id:maniachibachang:20190914151353g:plain
 

8. FEEL SO BAD / 愛されたい YEAH,YEAH

 FEEL SO BADはソロで活動していたボーカリスト川島だりあビーイングに所属していたギタリスト、倉田冬樹によって結成されたバンドであります。この1stではまだ2人のユニットという形で他のメンバーはゲストという扱いでありました。セールス的に成功を収めたとは言えませんが、中身は素晴らしい出来であります。個人手には“ジャパニーズメタルの名盤”のひとつですね。当時としてはかなりヘヴィなサウンド、キワドイ歌詞、それ程評価がされなかったのが不思議であります。特にギターサウンドに関しては当時の最先端と言っても良いほどでした。だりあのボーカルも骨太でカッコイイです。f:id:maniachibachang:20190914151401g:plain
 
 来週は「SLAYER」が登場します! 「music mania」終了後は引き続き、Midnight Bestです。

★ Midnight Best Vol.016 ON AIRリスト

LUNA SEA / LUNA SEA COMPLETE BEST ('08年発表)

 曲順を編集しております。放送時間は2時間18分。深夜ですが、頑張って聴いて下さると嬉しいです(笑)!

以上!

「JCBAインターネットサイマルラジオ」

で番組が楽しめます!  
アドレス http://www.jcbasimul.com/radio/687/

 または、JCBAサイマル専用のスマートフォンアプリ「Radimo」をインストールして下さい。

放送局は  エフエムもえる です!

「music mania」は毎週土曜日23時~24時、引き続き24時から「Midnight Best」をお送りしております!(第5土曜日のみ22時~24時)

※「music mania」のみ再放送。毎週日曜日14時00分頃に放送開始(前後します)